【美容界ふり返り・2019年編】驚きの新発想と、自然由来にこだわった、身体に優しいスキンケア。

たゆまぬ進化を続ける美容業界。クウネルがリニューアルした2016年からの5年間でも、常識を超えたり、覆されるような研究成果や新商品が登場しました。その流れを振り返りつつ、これからの美容トレンドをビューティサイエンティストの岡部美代治さんと読み解いていきます。2019年には、久々に新規美白成分が認可されたことと、 第二の皮膚を作るという、新発想の美容液&マシーンの登場でより美しい肌を追求することが可能に。その他にも「食」発想の酵母菌配合や、ヴィーガンコスメも話題になった2019年のトレンドスキンケアをご紹介します。

10年ぶり!新美白成分が誕生。

「ポーラのルシノールが新規美白成分として10年ぶりに認可され、大きな話題に。また、シワ改善効果と美白効果がひとつで得られる美容液の登場も注目を集めました」(岡部さん)。

右:シミもシワも1本でケア。
シワ改善と美白に効果が認められたWナイアシンを配合。
リンクルホワイトエッセンス 30g ¥4,500(オルビス:0120-010-010)
左: シミもにごりも撃退!
ルシノールEXに、にごりケア成分も加えて進化。
ホワイトショット CXS 25mℓ(医薬部外品)¥15,000(ポーラ :0120-117111)

「菌」ブームで酵母配合コスメの注目度が高まる。

「酵母を用いたコスメはありましたが、発酵技術の進化とともに、さまざまな成分を発酵させてコスメに配合することが可能に。自然の力で美しくなるという流れができました」(岡部さん)。

右:ハチミツ発酵液がベース。
難しいとされていたハチミツの発酵に成功。肌にうるおいがぐんぐんなじむ。
発酵液ローション 2 150mℓ ¥7,800(HACCI:0120-1912-83)
左:美肌効果を濃縮した化粧液。
白神産の5種の植物を純白麹で発酵。保湿もハリもツヤも透明感も叶える。
フローラドリップ 160mℓ ¥13,000(アルビオン:0120-114-225)

第二の皮膚が作れる!?

「肌にとってベストなのは潤っていること。その湿潤環境を糸状の美容液で作り出すというのは新発想。高価ではありますが、美容意識が高まり、受け入れられたと思います」(岡部さん)。

美容液と薄肌ヴェールで、睡眠中ずっと潤う。
エフェクター(美容液)を顔全体になじませ、ディフューザーにセットしたポーション(化粧液)を肌にふきつけると、極薄の繊維のヴェールが形成され翌朝まで密着。翌朝の肌はしっとりふっくら。
エスト バイオミメシス(右から)ヴェールポーション 9mℓ ¥8,000、ヴェールディフューザー¥50,000、 ヴェールエフェクター 40g ¥12,000(花王:0120-256-271)

美容業界にもヴィーガン旋風。

化学物質不使用や、動物実験をしないクリーンコスメや、さらに動物由来成分まで含まないヴィーガンコスメも台頭。「口に入れるものと同じように、材料にこだわる傾向に」(岡部さん)。

withマスクに大活躍。
自然由来成分でベタつきカサつきもケアする部分下地。
マイクラランスブラー&マットスティック 3.2g ¥ 2,200(クラランス:03-3470-8545)

『ku:nel』2021年3月号掲載

写真 池田 敦 Pile Driver/取材・文 河村美枝 /編集 河田実紀 Hata-Raku

※紹介した情報は本誌掲載当時のもの。商品の価格は、すべて税別です。


●美容界ふり返り シリーズはこちら
【2016年編】より人を幸せにする美容へ。皮膚科学に基づいた大人スキンケア。
【美容界ふり返り・2017年編】美容医療に化粧品が近づいたことで実現。夢の若返りスキンケア。
【美容界ふり返り・2018年編】低価格で高クオリティ、自宅でエステ気分も味わえる。バラエティに富んだスキンケア。

キーワード