【人気サロンの美容師に聞く】伸びてまとまらない髪を、セルフカットで軽やかニュアンスショートヘアへ。

ショートヘアはロングヘアより髪が伸びると形が崩れ、バランスが悪く見えやすく、定期的なカットが欠かせません。今回は、アパレルブランドの代表を務める中野さんに、人気サロン「ESPER」の長谷川さんからリモートでレクチャーしていただきながら、ショートヘアのセルフカットにチャレンジしていただきました。

ウェーブを活かしたショートヘアの中野さん。「伸びてくると膨らんで、ドライヤーを駆使しないと思い通りにならなくて」。前のカットから2 カ月経過した今、「美容室にすぐ行けないので、襟足と全体感をすっきりさせたい」ということでセルフカットに初挑戦していただく運びに。前記事で紹介した方法を基本にできると編集部で判断し、提案させてもらいました。ただフェイスラインは、 頭頂部と襟足を切った後に、バランスで考えることに。ゆっくりカットを進めると「楽しくなってきました」。だんだん手つきに軽さが増して ……すっきり完成。

BEFORE

メンズブランドを中心に扱う『AVALON』代表の中野さん 。
「 襟足が伸び、トップはぺたんとしてきて、まとまらず。なんとかしたいです」
特別にアドバイスをリモートで受けスタート!
中野さんもなにせ初挑戦のため、長谷川さんからまず、 襟足や頭頂部の切り方のポイントなどを簡単に教えていただき、いざ実践。

髪をとかす。「いつもはブラシでセットするだけ。でもこれはコームがやりやすい」

頭頂部の髪を丸く取り前後半分に分けたら、後ろの方はダッカールで留める。

2で分けた前の髪の中央に梳きバサミを上向きに入れ毛先に向かい小刻みに切る。

カットしては合間にコームでとかすのが大切。切りすぎも防げ全体感もつかめる。

頭頂部の毛束を細く取り、中ほどから毛先に向け小刻みにカットバサミを入れる。「少しずつなら怖くない」。と中野さん。

襟足の長さの中ほどから毛先へ向かって、梳きバサミで垂直に小刻みにカット。

合わせ鏡で見つつ慎重に切る。明らかに余分な長さの毛はカットバサミで確実に。

カミソリで襟足左右の角を剃る。安全ストッパー付きの顔そり用等なら怖くない。

フェイスラインも少し軽くしようと判断。梳きバサミ先に向かい小刻みにカット。

合わせ鏡で後ろ髪の状態を再確認。フェイスラインもボリュームダウン成功!

/

AFTER

「襟足とフェイスラインは最初難しいと思ったけど、慎重にやって正解ですね、いい感じに切れました」。
ボリュームを削ったことで軽やかニュアンスヘアのでき上がり。

『ku:nel』2020年11月号掲載

写真 玉井俊行 /取材・文 原 千香子・間中美希子

●素敵なヘアスタイルの記事、いろいろ
【人気サロンの美容師に聞く】誰でもステイホームでできる、基本のセルフカット。
【人気サロンの美容師に聞く】ボリュームを出してフレッシュな印象に。トップを軽くするセルフカット。
【シルバーヘアサンプル1】髪色が明るくなると、おしゃれの幅も広がります!
モデル・弥生さん流シルバーヘア。光や空気を味方に、ナチュラルな髪色を楽しみたい。
◎ エイジングを味方につける大人のヘアスタイル:シルバーヘア編
パリマダムのお気に入りはやっぱりメイドinフランス。シルバーヘアが映えるナチュラルメイク。

キーワード