創建1800年・北九州『和布刈神社』が中川政七商店によって一新

和布刈神社4

九州最北端に位置し、関門海峡に向かって鎮座する「和布刈神社(めかりじんじゃ)」は、2019年12月『中川政七商店』のコンサルティングによって、コンセプトや神紋、授与所などをリニューアルしました。

今回のリニューアルでは、1800年の歴史を持つ和布刈神社の由緒に基づき、コンセプトを整理するところから始まります。

そして、古くから伝わる八重桜の神紋をリファインするとともに、お守りやおみくじ・縁起物など、参拝する人の心を導く手助けをする授与品と、それらをお渡しする授与所の装いが一新されました。

たとえば、授与される御神宝「満珠・千珠」や、五行思想に基づいた5種の木札「五行御守」は、“再生”や“始まり”を意味する白を基調に新装され、モダンな印象に。

さらにおみくじは、関門海峡名物のふぐに見立てた “ふくみくじ”を釣竿で釣るというユニークな仕掛けです。

身も心も清らかになる特別な場所。一年のはじまりや、人生の節目に参拝したいですね。

「五行御守」は、自然を崇拝する五行思想に基づき、叶えたい願いによって5種の内符(木札)から一つ選びます

「一年幸ふくみくじ」は、関門海峡名物のふぐに見立てたおみくじ。釣り竿でふくみくじを釣ることで神のお告げを頂く仕掛け

「満珠御守・干珠御守」は和布刈神社の御神宝である「満珠・干珠」をモチーフにしたお守り。叶えたい願いがある場合は満珠を、断ち切りたいものがある場合には干珠を選択

潮の満ち引きを司る月の神様「瀬織津姫」を祭る和布刈神社

/

キーワード