パン好き、ワイン好きにはたまらない。パンとワインの相談所『チェスト船堀』へ。

チェスト船堀 西野文也

東京都江戸川区にあるパンとワインを楽しめるお店、『チェスト船堀』。常連が多く集まり、常に明るい雰囲気の店内に入ると、素敵な笑顔の店主が出迎えてくれます。美味しいパンを持ち帰るだけでなく、立ち飲みスペースで一杯、ワインをいただいてみてはいかがでしょうか。

チェスト船堀

マニアックで温かい。頼りになる街の相談所。

人気ベーカリーで働き、ワイン醸造所でも経験を積んだ店主・西野文也さんが掲げたコンセプトは「パンとワインの相談所」。「この前、買った小麦、柔らかめでおいしかった」 「『ゆめあかり』でしたね」。次々と笑顔で訪れる近所の常連と交わす、そんな会話に驚きます。

チェスト船堀 西野文也
店主の西野文也さん。
チェスト船堀 イラスト
購入したパンは小麦の品種名とともに、その場でイラスト化。
チェスト船堀 サラミとなすのマリネ
サラミとなすのマリネ600円、アンチョビたまご500円。各種サンドもある。
チェスト船堀 グラスワイン
グラスワイン700円〜、販売ボトル 2,000円〜(店内での飲用には抜栓料がプラス)。
/

バゲットはほかに、柳久保小麦など全種。どのパンも品種別に、その個性を活かして作り分けています。好みを伝え、おすすめを尋ねるのはワインも同じ。立ち飲みスペースでは「このパンに合う白を!」といった声も。信頼があるから笑顔は生まれる。街のパン屋の理想型です。

チェスト船堀  バゲット
醤油せんべいのような香ばしさ。 柳久保小麦のバゲット1本360円
チェスト船堀  カンパーニュ
今日はミナミノカオリのカンパーニュなど。盛り合わせ(小)300円
/

『ku:nel』2021年3月号掲載

取材・文/田代 格、写真/上田佳代子

観光特急『あをによし』でゆるやかな時間が流れる古都・奈良へ。マチュア世代の一泊二日母娘旅

Promotion

キーワード