パリマダムの着こなし。シルバーヘアにして、明るい色のファッションが似合うようになりました。

ナタリー ザウアティさん

ミニマムなクローゼットで着回し上手と言われるパリジェンヌ。毎シーズンの洋服の選び方、毎日のコーディネートについて、ナタリーさんが教えてくれました。

ベリーショートのシルバーヘアに、はっきりとした顔立ちが印象的なナタリーさん。 エレガントなスタイルに自分らしいオリジナルカラーを取り入れるのがナタリーさん流です。

「毎シーズン、靴や着回しができるボトムスは黒を選びます。なのでクローゼットは黒が半分以上をしめてます。黒はきちんとして見えるし、どんなシーンにもマッチするでしょ?」

黒をベースにして、そこにさまざまなカラーを合わせて、自分らしさを表現するのが最近の定番。

「全身黒の時もたまにあるけど、私は朝の気分でカラーを選ぶの。それをいつものパンツやジーンズに合わせるだけ。トップスの色が違うだけで印象が違うから、ボトムスは1週間同じってこともあったりするの(笑)」

この日のナタリーさんは、鮮やかなパープル色のカシミアニットと、同じくパープルの『イヴ サンローラン』のバッグを組み合わせた華やかなコーディネート。それにいつもの『ZARA』のパンツとショートブーツを合わせました。

「今では、シルバーヘアが私のトレードマークになっていて、それに合わせたカラーコーディネートを『素敵ね』と褒めてもらえると嬉しくて、もっと遊んでみたくなりますね」

シルバーヘアに合わせて、ビビッドな黄色や明るめのブルーなど、昔だったら選択肢にもなかったような大胆な色を楽しむようになったそうです。自分に似合うカラーがわかれば、後は黒のボトムスやジーンズに合わせるだけのシンプルシンプルなスタイリング術、困った時のお助け技にもなるので是非参考に!

パープルをアクセントにした個性的なクスト バルセロナのフェイクファーコートでラグジュアリーに。

黒×パープルのメリハリあるスタイリング。 フード付きのフェイクレザーのアウターは、機能的でスポーティーな印象。

最近のお気に入りは、ザラのニットパンツ。体にフィットするタイプで肌触りがよく、サイドに少しスリットが入っているのがオリジナルのポイントだそう。

オールドサンローランのボストンバッグ。 お手入れが行き届いて、発色がきれい。

/

キーワード