頑張り過ぎないおしゃれがかっこいい。アベクミコさんのデニムの着こなし

アベクミコさん

「私にとってのデニムは、はずしのアイテム」と話す〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーのアベクミコさん。程よく力が抜けて、頑張り過ぎないデニムを取り入れた秋のスタイルをご紹介します。

「私にとってのデニムは、はずしのアイテム。もともと正統派でベーシックなものが好きですが、全部をそれで固めてしまうとかっちりし過ぎてつまらない。そこでデニムを投入すると、程よく力が抜けて、頑張り過ぎないおしゃれになるんです」とアベさん。とはいえ、年齢を重ねるごとにカジュアルダウンの難しさも感じているそうで、近頃はきれいめのデニムを選ぶようにしているとか。「お気に入りはアナトミカ。古着を合わせてもだらしなくならず、コーディネートが締まります」

華奢なゴールドの時計はジャガー・ルクルトのヴィンテージ。アクセサリー代わりに着こなしのスパイスに。

テーパードラインの細身シルエットが上品。「足元にボリュームを持たせないようワンロールアップですっきりと」。コンバースのハイカットスニーカーで。

メリハリのきいたフレームの眼鏡をアクセントに。

/

キーワード