「パリの台所」マルシェも12月は食材が豪華!?豊かな冬の幸が並びます

バスティーユ広場のマルシェ

パリとフランスにまつわる情報サイトTRICOLOR PARISの主宰・荻野雅代さんと桜井道子さんおふたりが、毎月交替でフランスから日々の暮らしをご紹介。12月は桜井さんが「パリの台所」、マルシェの魅力についてレポートします。

12月のある日、バスティーユ広場近くに週2回立つバスティーユ市場を訪れました。パリには屋内、屋外合わせて80以上ものマルシェがありますが、それぞれに個性的。このバスティーユ市場は場所柄なのか、地元民で賑わう庶民的な雰囲気があるのと同時に、フォアグラやワイン、はちみつ、籐かごやレースのリネンなど、素敵なおみやげ選びにも使える、バランスのとれたマルシェなので気に入っています。

バスティーユ広場のマルシェ
バスティーユ市場は7月の円柱がそびえるバスティーユ広場から北東に伸びるリシャール・ルノワール大通り沿いにたくさんの屋台が集まる大きなマルシェ。木曜朝と日曜朝に立つ。
バスティーユ広場のマルシェ
赤白ストライプが目印の、なんとも絵になるお肉屋さん。きっと何十年も前から変わらないのだろうと思わせる懐かしい店構え。マルシェはやっぱりフランスの風景に欠かせない。
バスティーユ広場マルシェの肉屋
フランスでもクリスマスといえばローストチキン。でも同じ「チキン」と言っても雄鶏か雌鶏か、肉の色が黄色か白か、有名な産地か、などさまざまな種類がある。より特別感のあるホロホロ鳥も人気。
/

マイナス気温で頭がキーンと痛くなるほどとびきり寒い朝だったのですが、買い物かごやカートを持つ人が続々とやってきては、白い息を吐きながらお店の人とおしゃべりしながらお買い物をしていく姿を見ていると、やっぱりマルシェは春夏秋冬どんなときにもフランス人の生活に欠かすことのできない存在なのだなあと実感します。

バスティーユ広場マルシェの魚屋
新鮮な魚介を整然とディスプレイしている魚屋さん。陳列にも店それぞれのセンスが表れる。12月はいつもの顔ぶれに加えて、ウニや海老、蟹、牡蠣などちょっとお高めな食材のバリエーションがより増えている。
バスティーユ広場マルシェの魚屋
フランスではノルマンディ地方やブルターニュ地方でとれる、大きくて立派な帆立貝、そしてトゥルトー(イチョウガニ)の爪。どちらも年末の食卓に人気の食材。
バスティーユ広場マルシェの魚屋
こちらはアレニエ・ドゥ・メール(海の蜘蛛)という名前の蟹。こんなに立派なサイズのものがマルシェに並ぶのも年末ならではという気がする。
/

私自身、以前はマルシェで買い物をするのが億劫で、近所のスーパーで済ませることが多かったのですが、実際に比べてみると新鮮さがまったく違うので、生鮮食品は断然マルシェ派になりました。

クリスマスや大晦日に限らず、家族や友人と集まる機会が増える12月は、フランス人のエンゲル係数がおそらく1年で最も高くなる時期。バスティーユ市場にも普段以上に高級なお肉や海の幸のバリエーションが増えていて、とても華やかでした。

マルシェに並ぶ野菜や果物の顔ぶれを見れば、そのときの旬がよくわかるのも嬉しいですね。真冬のマルシェの主役はやはり根菜。人参やごぼう、かぶなど日本でもおなじみのものから、パネ(パースニップ)、トピナンブール、ビーツなどフランスらしいものまで、まだ土をまとったままの根菜の姿を眺めるだけで、なんだかほっこりします。

バスティーユ広場マルシェの八百屋
黒、白、赤、黃、オレンジ、色とりどりの人参はまさに今、旬まっさかり!日本の長ネギより甘いポロ葱も冬の料理に欠かせない。
バスティーユ広場マルシェの八百屋
白い人参のように見えるのがパネ(パースニップ)。人参と同じように使えるが、より甘くホクホクして香りも強い。手前にある小さなお芋がトピナンブール。一時は忘れられた野菜と呼ばれたが、最近はすっかりメジャーになった。
バスティーユ広場マルシェの八百屋
いかにも採れたてらしいビーツとちりめんキャベツ。こういうキャベツはまさに冬の定番、シューファルシ(フランス風のロールキャベツ)に使うと美味しそう…。ビーツは茹でてサラダやスープに。
バスティーユ広場マルシェの八百屋
フランスでも冬はクレマンティーヌ、マンダリンなどのみかんが美味しい季節。とりわけ小ぶりで甘酸っぱいコルシカ産のみかんが人気。
/

根菜以外にもポロ葱や芽キャベツ、ほうれん草、アンディーブ(チコリ)など、冬の野菜はまだまだたくさん。寒くて暗い冬の日々も、食卓に野菜たっぷりのあったかい料理を並べて乗り切りたいと思います。

文/桜井道子

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード