台湾に行かなくても食べられる!屋台グルメ「台湾老劉胡椒餅」を食べに吉祥寺へ

胡椒餅づくり

ふわふわカステラにもちもちのタピオカ、ごはんが進むルーロー飯……と、私たちを魅了して止まない台湾グルメ。その中の1つ、胡椒餅のお店が、東京の町田と吉祥寺にオープン。気になるそのネーミング〈胡椒餅〉を目指して、吉祥寺店へ行ってきました。


台湾では定番の屋台B級グルメ


吉祥寺駅からほど近い交差点の一角に構える 「台湾老劉胡椒餅(たいわんろうりゅうこしょうもち)」吉祥寺店。11月のオープン以来、細長い三角ビルの店舗の前には連日行列が絶えず、その人気と注目の高さがうかがえます。

ちなみに胡椒餅とは、スパイスや調味料で下味をつけたお肉とたくさんのネギを、小麦粉などで作られた生地で包み、専用の窯の中に貼り付けて高温で焼き上げたもの。台湾では多くの専門屋台が並ぶポピュラーな食べ物で、常連さんがたくさん抱えていく姿は日常的な光景なのだそうです。

台湾老劉胡椒餅吉祥寺
大きな看板が目印の「台湾老劉胡椒餅」吉祥寺店。焼き上がり時間を目指してお客さんが集まってきます。
胡椒餅専用窯
専用の特注窯の上には焼きあがった胡椒餅が並び、その様子は外から見ることができます。
胡椒餅窯の中
こちらが窯の中。400度の高温になる側面にお餅を貼り付けて一気に焼き上げます。外はカリっと、中はジューシーな仕上がりに。
/

台湾オーナーと、現地修行した日本スタッフの熱い思いが詰まった胡椒餅


お店をオープンした植木ゆか里さんと永野加奈さんは、以前から胡椒餅の大ファン。専用窯を使った独特の焼き方と味わい、現地でたくさんの人たちに愛される胡椒餅の魅力を「いつか日本に紹介したい」と常々思っていたと言います。しかし、コロナ禍で世の中の状況は一変。 台湾を訪れることすら難しくなってしまいました。

「自由に海外旅行もできなくなり、どうしたものかと……。ただ、こんなときだからこそ、あの美味しい現地の味を日本でも身近に感じて欲しいという思いが募り、昨年、二人で台湾へ修行に行きました」(植木さん)

台湾へ飛び、街で多くの胡椒餅店が軒を連ねる中から、二人が「本当に美味しい!」と選んだのが「老劉胡椒餅」。直接交渉してみたところ、同店のオーナーの劉さんは、二人がお店で働くこと快諾してくれた上、日本での展開にも協力してくれることに。

胡椒餅づくり
胡椒餅は全てスタッフが手作りしています。建物の2階で生地を作り、1階で餡包み。みなさん黙々と作業中。
胡椒餅制作
焼く前に並んだ状態は、さながら肉まんの風情。色白でかわいらしいですが、このあと高温の窯へ~。
胡椒餅を焼くところ
400度にもなる窯の側面に貼り付けて焼く胡椒餅。取り出した後は中をきれいにして、また焼く…の作業が繰り返されます。
焼きあがった胡椒餅
高温で焼きあがった姿がこちら。まわりにたっぷりと付いたゴマも香ばしい香りを漂わせていました。
/

「私たちは中国語ができないので、通訳の方にお願いしたり、仕事中は翻訳アプリを活用したり。働かせていただく中で、劉さんの胡椒餅のレシピ、作り方、専用窯の扱い方だけでなく、胡椒餅への思いもたくさん伺って、そのすべてを日本に持ち帰りお店をオープンしました。今みなさんにお届けしているのは、劉さんの胡椒餅そのものなんです」(植木さん)


味の決め手は門外不出のスパイス
香りが誘う現地感満載のおいしさ


さて、焼き立てアツアツの胡椒餅を割ってみると……生地の中には角切りの豚肉がたっぷり!ぱくりとほおばれば、口いっぱいに広がる八角の香りにピリリと胡椒が効き、その独特のスパイスの風味は「あー、ここ台湾の屋台街かも」と思うほどの現地感。 このおいしさはクセになりそうです。

胡椒餅の味の決め手となるのは、なんといってもこのスパイス。お店では劉さんが台湾でブレンドしたものを送ってもらい、使用しているそう。「その配合は劉さんのみぞ知るレシピ。私たちが現地お店で働いるときも、作っている姿を見たことはありません。今も日々相談にのってくださって信頼関係のある劉さんですが、このレシピだけは秘密なんです」(植木さん)

焼き上がり時間
店頭ではあつあつを提供するため、焼き上がりの目安の時間を表示。途中仕込み時間が入ります。
台湾胡椒餅店横
イートインはできませんが、お店の横にはカウンターが。かわいいイラストにも注目。
胡椒餅包み
レトロなイラストがかわいらしいパッケージ。これぞ台湾屋台の食べ歩きという感じ?
胡椒餅ビジュアル
カリっとした生地をがぶりといきたくなりますが、肉汁があふれるので要注意。(でもがぶっといきたいのが本音)
胡椒餅中身
スパイス香る肉餡に、葱もたっぷりと。生地はかりっと感にもちもちさもあり、どこかパイ生地風。
/

地元台湾で愛される味を、材料から作り手の思いまで丸ごと伝授している「台湾老劉胡椒餅」。店頭では焼き上がり時間を表示して、いつでも出来立てを販売中。アツアツの胡椒餅が楽しめます。現地直送、秘伝のスパイスをまとった本場の味。作り手の熱い思いとともに、ぜひ一度ご賞味あれ。

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード