並んででも食べたい!台湾式豆乳専門店『東京豆漿生活』で朝ごはん。

東京豆漿生活

近年、旅先として人気の台湾。比較的短時間で気軽に行けるのが魅力でしたが、そうはいかない昨今……。台湾グルメが恋しくなり、「東京の台湾」と大人気の『東京豆漿生活』へ行ってきました。

朝ごはんを外で食べるのが大好きです。非日常感が味わえ、ともすれば旅に出たような気分にさえなれます。一日の始まりで元気でもあるし、時間も有効に使える、いいことづくめ!なので、友だちと会う約束も「朝ごはんにしない?」ということがしばしば。

そんな「朝活部」として、ずっと気になっていた五反田の『東京豆漿生活』に行ってまいりました。台湾の朝ご飯として定番の鹹豆漿(シェントウジャン)や酥餅(スーピン)が朝から頂けるお店です。 五反田駅から徒歩5分ほど、裏通りのレトロなビルの1Fにあり、開店前から行列ができる人気店です。

鹹豆漿はお酢で味わう温かい豆乳スープ。お酢で固まった豆乳がおぼろ豆腐のようで、ザーサイや干しえびなどが入っています。酥餅は日本のお焼きのような生地にお惣菜やごまやピーナッツなど甘いあんが入ったお饅頭。肉やニラなどが入ったお惣菜系と、ピーナッツあんやごまあんなどが入った甘い系と、全部で6種類ありました。

毎朝、店内にある「 豆漿 製造室」で絞られているという豆乳はフレッシュでまろやかな香り。それに、干し海老やねぎ、揚げパンなどが乗っていて、朝にちょうどいいボリューム感。その豆乳スープに、焼き餅(ネギ入り卵焼き入り)を追加していただきました。
台湾の朝を思い出す、楽しい朝ごはん。なかなか現地には行けないいま、気分だけでもトリップ!おすすめです。

鹹豆漿(シェントウジャン)450円。アルミのトレイが現地っぽい。

酥餅はテイクアウトにするのもおすすめ。

オープンキッチンのなかでつくられ、焼き立て酥餅が並ぶ。

豆漿そのものを味わうプレーンや、甘い黒糖豆乳やごま豆乳のメニューもある。

レトロな趣の店内。

店内で毎朝絞られる豆乳。大豆は国産。

朝から大行列。この日は15分ほど並んだ。

/

キーワード