【フランス人のエスプリを育む読書】アーティストのナタリー・レテさんが装丁を楽しむ本棚

本棚を背にしたナタリー・レテさん

読書や本を眺める時間をこよなく愛するフランス人。長期に休むバカンス先が、もっぱら最大の読書タイムのよう。本の世界で旅したり、他人の人生を生きたりと、おしゃれなフランス人も本の世界で想像を膨らませています。

アートへの概念を変えた、日本で出合った3冊の本

飾るように並べられた本棚を背にしたナタリーレテさん

「ひとりっ子だった私は、子供の頃は本がお友だち。図書館に通うのも大好きで、ジュール・ヴェルヌやゾラ、バルザックなどを読んでいました。冒険やファンタジーが大好きで、本を通じて旅をする気持ちになっていました」ナタリー・レテさんが立っているのは、子供たちのために買った絵本や自身の絵本、そしてインスピレーションを呼び起こす本を並べたアトリエの本棚の前。一見乱雑なようで、よく見ると、視覚的な印象で本をディスプレイしているのがわかります。

表紙で選べるよう楽しげに収納しているナタリーレテさんの絵本コレクション
古本屋、レコード屋のディスプレイのように、表紙で絵本が選べるよう、楽しげに収納している。子供たちが大きくなってからも、ナタリーさんが手に取って眺めているそう。
ピンクの背表紙がグラデーションに並べられているナタリーレテさんの本棚
ピンクの背表紙の本は蚤の市で集めたもの。「写真撮影の小道具などに使う、装丁が美しい本を購入するのも好きなんです。これは美しいピンクのグラデーションが気に入っています」
/

「娘や息子が小さい頃、イラストがかわいい絵本を買うのが好きで、子供たちがアートに興味を持つよう、驚きがある絵本を購入していました」コロナが流行する以前は、1年に1度出張で来日していたので、東京の青山ブックセンターによく立ち寄っていたというナタリーさん。「インスピレーションの源になり、見ているだけで楽しくなる本がたくさん並んでいました。“刺青”の本など、新しいジャンルを知るという面白さもあります」仕事柄やはり気になるのが本の装丁。

購入するときはインテリアのオブジェとして本を選ぶこともあるそうです。
「リトルモアの本が大好き。紙の選び方や薄紙が重なり合うところなど、クリエイティブな装丁がフランスにはなかなかないものです」

日比野克彦作品集の見開き
『HIBINO 1,2:A Collection of the Works of Katsuhiko HIBINO』 日比野克彦(朝日出版社) アーティスト日比野克彦の第一作品集と第二作品集。
日比野克彦作品集『HIBINO 1:A Collection of the Works of Katsuhiko HIBINO』
第一は2002年に復刊した83年刊の新装版。1980-1983年の作品を収録。
日比野克彦作品集『HIBINO 2:A Collection of the Works of Katsuhiko HIBINO』
第二は1983-1987年の作品を収録。ダンボールワークスを始め、アク リル絵画なども収録。
/

そして数ある日本で出合ったものの中で、ナタリーさんの運命ともいうべき本が日比野克彦さんのアート作品集。「アートスクールの学生時代、交換留学生として初めて日本に行ったときに本屋で出合い、私のアート感が変わりました。ダンボールを子供のように組み立てて遊びながら、楽しいことがアートになると気づかされた本です」

『ATSUKI KIKUCHI / PLAY』誠文堂新光社
グラフィックデザイナー菊地敦己の約10年間の作品の中から、青森県立美術館、ミナペルホネン、サリー・スコット、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館など、代表的な仕事を集めた2009年発刊の作品集。ロングインタビューも収録。

10年以上前に出合ったグラフィックデザイナー菊地敦己さんの作品集もアート魂を揺さぶられた本のひとつ。カラフルで楽しいナタリーさんの作品の原点が、日本のアーティストたちの作品集によって刺激されたとは、なんともうれしい話です。そして本は仕事のためだけのものではありません。「週末や夜、とくに田舎の家のソファに座り、暖炉にあたりながら本を読んだり、アート集を眺めるのは最高の時間。小説を読むのは、集中できる地下鉄や列車の中が多いですね」

アート本以外では、ステファン・ツヴァイクや日系カナダ人作家のアキ・シマザキの本も好きだそう。「漫画も読みますよ。『Le Gourmet Solitaire(孤独のグルメ)』は美味しそうな料理で日本を思い出し、ノスタルジックな気持ちになります」

『クウネル』2023年1月号掲載

写真/篠あゆみ、コーディネート/石坂のりこ、鈴木ひろこ、文/今井恵

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード