東京の新名所「虎ノ門横丁」で堪能したい、本格島料理とオリジナルジンのカクテル。

虎ノ門蒸留所1

日比谷線に新駅も誕生し、話題になっている虎ノ門ヒルズ。そのビジネスタワー3階の「虎ノ門横丁」においしい島料理やお酒が堪能できる「酒食堂 虎ノ門蒸留所」がオープンしました。

「虎ノ門横丁」は、これまで多店舗展開をしてこなかった東京の名だたる人気店、合計26店舗が集結し、2020年6月にオープンした東京の新名所です。特徴は各店に備えられた“はしごカウンター”で、たとえおひとり様の利用でも気軽に一品からオーダーできます。また、フロア内には“寄合席”もあり、ここではフードコートのように、各店の寄合席用の料理を持ち寄って、自由に楽しむことができます。

中でも注目が「酒食堂 虎ノ門蒸留所」。店内中央には蒸留所があり、そこで蒸留されたジンや、 ジンのベースとなっている島焼酎を楽しむことができるバー&居酒屋です。
蒸留所のコンセプトは“TOKYO LOCAL SPIRITS”。東京の八丈島や新島でつくられた島焼酎や奥多摩沢井の山あいから湧く軟水を使用した「COMMON」は、‟東京でつくる新しい日常酒”として提案するオリジナルのジン。また、季節のボタニカルを使用した香り豊かなシーズンジンなど、クウネル世代の女性にもぴったりのお酒が豊富に揃います。

料理は、東京島料理やエスニックな一皿など、お酒との相性もばっちりな居酒屋料理が中心。蒸留の工程を目の前で見ながら、ぜひお気に入りの一杯を見つけてください。

/

キーワード