朝市や街歩きも!『jokogumo』店主・小池梨江さん、盛岡の日常を楽しむ旅へ

岩手銀 朝市では野菜や総菜のほか、 行旧本店本館

初めての料理、土地の人との交流、心動く景色……。旅でしか得られない体験はいくつも。「そろそろどこかへ 」。そんなあなたを刺激する「あの旅 」を写真とともにシェアしてくれました。



岩手/盛岡


ゆっくり歩いて、 街の日常に触れてほしい
夫の実家への帰省で出かけたり、盛岡を拠点に岩手県内の手仕事の産地を訪ねたりして何度も足を運んでいる場所。行くたびにお気に入りの店が増え、また季節が変わるたびに見える風景が変わることも楽しみです。

盛岡の可否館
素敵な民芸の店「光原社」の敷地内の「可否館」で一服。

早朝の「神子田朝市」、土曜日開催の「よ市」 は地元の食材や料理が買えて、雰囲気も感じられるのでぜひ。新幹線で日帰りも可能ですが、できれば泊まって、ぶらぶら街を歩いて、 盛岡の日常を楽しんでもらいたいです。 

盛岡の朝市
朝市では野菜や総菜のほか、「ひっつみ」もお試しを。
岩手銀行旧本店本館
街のシンボルともいえる岩手銀行旧本店本館は1911年竣工。
/

『クウネル』2022年11月号掲載

取材・文/阿部里歩、田代 格、友永文博、船山直子、石毛幸子

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード