スライスするだけでOK!種も皮も食べられる生食用「鈴かぼちゃ」を知っていますか?

鈴かぼちゃ1

一般的にかぼちゃといえば、皮は硬く、加熱して調理するもの。でも、じつは生のまま、サラダ感覚でおいしく食べられるかぼちゃが、最近人気なんです。

「かぼちゃを生で?」と、最初は驚きますよね。
「鈴かぼちゃ」は皮も種も全部まるごと生で食べられる、新顔の野菜なんです。カリカリッとした食感と、お皿が映える鮮やかなレモンイエローの切り口が、なによりの特徴です。
見た目は普通のかぼちゃと同じに見えますが、大きさは手のひらにちょうど乗る程度。家庭用冷蔵庫でも保存しやすいミニサイズです。

ここ数年で品種開発された野菜ですが、すでに北海道から沖縄まで、全国各地で栽培されているとのこと。味にクセがなく皮も柔らかいので、サラダや、サンドイッチ、お漬物やピクルス等にすれば、野菜嫌いのお子様でもきっと食べられるはず……。

尚、かぼちゃに含まれる栄養素「β-カロチン」は、脂溶性のビタミン。
この「β-カロチン」には、体内の活性酸素を減らす抗酸化作用があるので、チーズやオリーブオイルと一緒にいただくと栄養素の吸収がさらに高まるそうです。
夏バテ防止や美容にも良さそうですね!

鈴かぼちゃ2

キーワード