【広瀬裕子さん、57歳からのシルバーヘア計画】いまでは「早くなりたい」とさえ思うように

広瀬裕子さんのシルバーヘアサイド

エッセイストの広瀬裕子さんは57歳になり、ヘアカラーをやめ、シルバーヘアにしてみようと思ったそう。その過程をクウネル・サロンで寄稿してくださいます。第一回目の「目標ではなく、気持ちよく歳を重ねていく過程です」に続き、「シルバーヘア計画」スタートから約半年の様子をご紹介します。

伸びてくる白い髪は、「憂鬱」から「楽しみ」に

シルバーヘアーにすることを選んでから、伸びてくる白い髪が気にならなくなった。今はどちらかというと「早くシルバーヘアになりたい」と思っている。人の気持ちは不思議だ。自分の思いが決まれば、それまで「うーん」となっていたことも、別の角度から見えるようになる。

半年後、1年後、これから自分がどう変化していくのか急にたのしみになった。未来への新しいチケットを手に入れた気分だ。

では「どうしよう」という思いが全くなくなったか──。と言うとそんなことはなく、また、別の「どうしよう」がでてきた。

広瀬裕子さんのシルバーヘアサイド
基本の形は耳下のボブ。アイロンでワンカールした後ワックスで整える。
広瀬裕子さんのシルバーヘアサイド
【2022.08】少しずつ、シルバーヘアーの分量が増し、髪の長さも伸びてきた。
広瀬さんのシルバーヘア
/

同年代の方は、思い当たるかもしれません。髪が思うように伸びなくなったことだ。歳を重ねると、全体的に髪の毛が細くなり、ボリュームがでにくくなる。と、同時に髪そのものも伸びにくくなる。特に前髪。「このくらいだったらいいな」と、思い描く長さまで伸ばしたいのだけれど、なかなかそんな風にはならない。数年前には想像しなかったことだ。

サロンの方からは「前髪は切ったほうがいい」と言われているのだけれど「うーん。もうすこし」と伸ばすことをつづけている。

広瀬裕子さんのシルバーヘア正面
本来の分け目と逆にわけてスタイリング。毛先と前髪はスプレーを使用
広瀬裕子さんのシルバーヘア正面写真
/

先日、とあるメゾンに出向いた。その際、シルバーヘアのすてきな男性に接客していただいた。白い髪をきれいに切りそろえ、物腰もやさしく、ていねいな言い回し。

その時、感じたのは「この方は、黒い髪だった頃も、シルバーヘアになった今も、どちらも同じにすてきなのだろう」ということ。

前回「先をゆく歳上の女性たちは、いつも力をくれる」と書いたけれど「性別は関係ない」と改めて思った。

伸ばしはじめた白い髪と元の髪の毛の色の差が気になるときは「髪をかるく巻くといい」と、サロンの方からアドバイスいただいた。カットした後「参考になるように」と、スタイリングしてくださる。ブローの方法やワックス、スプレーの使い方など、プロならではの技術はとても参考になる。

ただ、サロンで整えていただくようには、自分ではできない。そこでだ──。秋冬に向け、スカーフをうまく使えないかと考えている。カチューシャのように使えたら髪の色の違いがおだやかになるはずだ。

先のメゾンもスカーフを見るために訪れた。その日は、探していたものはなかったのだけれど、代わりに「あんなふうに」と思えるシルバーヘアーの方に出会えた。そんな出会いも、これからの楽しみだ。

\春から夏のヘアスタイルの変化/

広瀬裕子さんシルバーヘア移行
【2022.5】サイドの髪は耳にかけられるように長めにカット。
広瀬裕子さんシルバーヘア移行
【2022.6】カラーリングなし2回目。
広瀬裕子さんのシルバーヘアサイド
【2022.08】少しずつ、シルバーヘアーの分量が増し、髪の長さも伸びてきた。
/

ヘアカット・撮影/薫森正義(Rougy)
http://www.rougy.jp/
Instagram:@magemori

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード