「羊羹」が災害時の非常食として優秀!『とらや』羊羹セットをもしもの備えに

9月1日は防災の日。いつ来るかわかない災害に備えて、自宅に災害用バッグを備えている人も多いと思いますが、「羊羹」を新しい仲間に加えてみませんか?

登山やハイキングなどの行動食としても定番の羊羹。温度の変化に強く、常温で長期保存できるので、災害時の非常食にぴったりなんです。

老舗和菓子屋『とらや』から、災害時にぴったりな羊羹のセットをご紹介します。


『とらや』で定番人気の小形羊羹3種と、災害時に何かと頼れる手ぬぐいがセットになった〈小形羊羹 手ぬぐい包み〉が2022年も発売しました。

羊羹は、暑さや寒さなどの環境の変化に強く、常温で長期保存をすることができるので非常食としてとっても優秀なんです。軽くて携帯しやすく、誰でもすぐ開封できて、手を汚さず片手で食べられるのも大きな特徴です。脂質が少ないながらも糖分が多いので、エネルギー補給にぴったり!

防災にぴったりなとらやの小形羊羹 手ぬぐい包み
小形羊羹〈夜の梅〉〈おもかげ〉〈新緑〉各2本と手ぬぐいのセット(2,484円)

羊羹を包んでいる手ぬぐいは、包装紙をモチーフにしたデザインで、伝統的な「注染」という技法で染めあげています。2022年は手ぬぐいが約2倍長くなり、より災害時に使いやすい仕様にバージョンアップ!

手ぬぐいは、マスク代わりにしたり、寒いときの保温に使ったり、裂いて紐代わりにするなど、非常時のさまざまなシーンで大活躍。さらに、手ぬぐいの活用法が書かれたしおりや、災害時に何かと役立つゴムバンドがついています。

防災にぴったりなとらやの小形羊羹 手ぬぐい包み
災害用リュックの中にそのまま入れておける手軽さも◎

羊羹の賞味期限は製造から1年。覚えやすいので、ローリングストックとして1年に1回買い直しやすいのも嬉しいポイントです。

『とらや』の羊羹を、もしものときの安心材料に。ぜひ防災の日をきっかけに、災害用バッグの中身を見直しをしてみてはいかがでしょうか?離れて暮らす家族へのギフトにも喜ばれそうですね。

土屋鞄製作所のレザーエコトートバッグ

軽さと品格が大事。マチュア世代にこそおすすめしたいトートバッグの決定版は?

Promotion

キーワード