【これからの時代の生き方 vol.2】50代、未経験から台湾で働くー日本語教師・阿部恵子さん

阿部恵子 台湾 お茶

コロナ禍を通して、世の中が大きく変わりつつある昨今。かつての仕組みや方法が通用しなくなったとき、私たちはどのように生きていけばいいのでしょうか。

ライター・編集者の石川理恵さんが30代〜70代の道なき道を探る人たちに、仕事や住まい、家族について話を聞いたインタビュー集『時代の変わり目を、やわらかく生きる』から、マチュア世代3人のインタビューの一部をご紹介。それぞれの考え方から、これからの生き方のヒントが見つかります。

2回目は、長野県飯田市で夫婦で30年以上、自然食品や環境雑貨の店「てくてく」を営み、子育てと介護を終えた50代に未経験のなか、台湾で一人暮らしをしながら日本語教師をはじめた阿部恵子さんです。


■経験を積むことは、未来を開くこと


探しはじめてから決定までの期間は約半年。そこから2ヵ月ほどで慌ただしく準備を進め、56歳にしてはじめての海外生活がスタートしたのだった。

阿部恵子 台湾
台湾に暮らして3年目。出かけた先での中国語のやりとりも慣れてきたそう。

家族と離れてのひとり暮らしは「自由に時間が使えるし、自分の心配だけしていればいいので、気持ち的にはとてもラク」と笑う。阿部さんが台湾に渡ってから、思いのほか夫の暮らしにも大きな変化があった。

「夫はもともと店をはじめる前、農家になりたかったんです。私がいなくなって好きなことができる状態になったら、借りていた家を引き払い、古い一軒家と畑を買って、ニワトリと猫と犬を飼って、農的な暮らしにシフトしてしまいました。いずれはその農園をゲストハウス的に開いて台湾の人を呼びたいとか、夢想しているみたいです」

阿部恵子 台湾 買い物
暮らしの面で苦労したのは食生活。台湾は外食文化のため、ひとり暮らし用のアパートにはキッチンがなく、自炊はあきらめるしかないそう。
阿部恵子 日本語
日本語教育のための教科書。
阿部恵子 台湾 お茶
最初は国内で日本語教師の仕事を探した阿部さん。50代以上の求人は少なく、あったとしても自宅からは通えない場所だったことから、海外にいくことを決めたそう。
/

人生後半にきて、夫婦共に20代の頃の憧れの暮らしや初心のようなものに向き合っている。そんな思い切った行動がこれまでの経験と結びつき、また新たな夢にもつながっているようだ。阿部さん自身、台湾に行く前は「店の仕事はやりきった!」との思いで海を越えたが、いざ台湾暮らしを経験してみたら、「日本のオーガニックなものを台湾に紹介したいし、台湾のいいものを日本に紹介したい」と、ついつい考えているという。

資格を取ったあと、自分が持っている条件の延長線上では、それを生かす方法が見つからなかった。どうすれば、自分の望む経験が積めるのか。ピンポイントの可能性をめがけてホームを飛び出してみたら、ずいぶんと見通しがよくなった。

「今思えば、私のなかに無意識にあたためていたものがあったのかもしれません。それをやるなら今しかない、っていうタイミングをつかまえられたことが、よかったのかも」

※本記事は『時代の変わり目を、やわらかく生きる』からの抜粋です。

\絶賛発売中/

取材・文/石川理恵  再構成/赤木真弓

キーワード