【アーティストのお部屋拝見】イラストレーター・石川三千花さん カラフルなアートと緑に囲まれた暮らし。

イラストレーター石川三千花のお部屋

「双子の息子が進学のために家を巣立ってから、インテリアを楽しむようになりました」と語るイラストレーターの石川三千花さん。パリやロンドンの蚤の市で集めた食器や花瓶など、夫婦の好みが詰まったお部屋。陽気な暮らしぶりを想像させるビタミンカラーが満載です。

目の前は都内でも有数の自然公園。 「春になると桜が咲くし、夏はテラスにテントを出してBBQしたり、 朝食を食べたり、借景を存分に楽しん でいます」という石川三千花さん。

「家具はほぼ夫の作品。 収納棚やキャットウォークも作ってくれました。結婚前はお金を払ってたけど、今はタダでうれしい」とチャーミングに笑います。

ヤコポ・フォッジーニ イタリア人アーティストの作品 リビング
イタリアで修業を積んだ夫が作る家具と、イタリア人アーティスト の作品がマッチ。大きな窓から見 える公園の緑もインテリアの一部。
ヴィンテージの鏡台 石川三千花さんの寝室
パリから手荷物で(!)持ち帰ったヴィンテージの鏡台、LAで見つけた刺繍のリネンなど、好きなものが詰まった石川三千花さんの寝室。
/

部屋の中でひときわ目を引くのが壁に設置された大きなライト。 「昔ミラノのサローネに行った時に出会った、ヤコポ・フォッジーニというイタリア人アーティストの作品。本当はこんな低い天井の部屋に飾るもんじゃないんだけれど、暗くなるとまた存在感が出ていいの」

DIYのキャットウォークに寝そべる猫
日当たりのいいリビングの一角に作られたネコゾーの遊び場。キャットウォークのほか、ネコゾー用の食器台なども夫が作成。
猫用の出入り口 カラフルなドア
部屋によって色を変えたカラフルなドア。すべてのドアには猫用の出入り口が。
/

カラフルなアートや家具に負けない存在感を放っていたのがモノトーンの 愛猫ネコゾー。

「仕事中も寝る時も、 トイレに行く時も一緒。今はネコゾーファーストの生活を楽しんでいます」

写真/玉井俊行 取材・文/吾妻枝里子 再編集/久保田千晴

キーワード