おうち時間にこんなルームシューズはいかが?「落ち布」でできたユニークな布草履。

履物関づか_1

今春オープンしたばかりの京都の履物専門店『履物 関づか』。その『履物 関づか』が、優れたカットソーブランドとコラボして、履き心地抜群の草履を生み出しました。

「履物 関づか」は、京都の地に新たにオープンした履物専門店。店内には、京都祇園の老舗履物匠で修業を積んだ店主が手掛ける上質な“履物”が並び、またディレクションするセレクトショップ「岩倉 AA」も併設しています。

今回コラボしたのは、上質な素材にこだわったカットソーブランドで知られる『FIlMelange(フェルメランジェ)』。フェルメランジェでは、日本の匠の手によって原料の棉の選定から、糸、生地、裁縫に至るまで徹底した自社開発にこだわり、原料、糸、生地、洋服へと仕立てています。
しかし、製品にこだわるからこそ生地を裁断するときに‟落ち布”(裁断のクズ)が生まれます。
その落ち布を利用し、新たな価値を生み出したのがこの布草履です。

蒸れにくく、足に力が入り、足つぼも刺激してくれる草履は、高温多湿の日本では理にかなった履物なんです。しかも高品質な生地は、自宅で手洗い可能なので衛生的。おうち時間を盛り上げるためのルームシューズとして、また旅先やホテルなどの室内に持ち運んで使っても良さそうですね。

残布のため、製品はすべて一点一点異なるオリジナル。ピンとくるお気に入りを見つけてください。

/

キーワード