【おしゃれ達人のバッグの中身vol.5】メゾン エヌアッシュ パリ デザイナー 石坂紀子さん

石坂紀子さんのバッグの中身

おしゃれ上手な方の愛用バッグとその中身を紹介するリレー連載の第5回。第四回目のパサンド・バイ ヌキテパ オーナーの神 真美さんからバトンを受け取ったのは、パリ在住で自身のブランド『MAISON NH PARIS(メゾンエヌアッシュパリ)』を手がけながら撮影コーディネーターとしても活躍されている石坂紀子さん。

現在久しぶりに日本滞在中とのことで、愛用のバッグの中身を取材させていただきました。

 

軽くて収納力抜群! 初夏にぴったりなラフィアのトートバッグ

モダンなストライプのラフィアのバッグは、自身がデザイナーを務めるブランド『MAISON NH PARIS(メゾンエヌアッシュパリ)』のトートバッグ。間口が広いのでたくさん物が入るため、仕事でもデイリーでも愛用中。高価なブランドバッグをいつも持つより、その日の格好に合わせてバッグを使い分けたいという石坂さん。モダンなストライプ柄は意外と合わせる服を選ばず、クリエイターの洋服にも合わせやすいのだそう。

石坂紀子さんのバッグ
収納力抜群で肩掛けもできる定番トートバッグ「AVRIL RAYURE」。中身がごちゃごちゃしてしまわないよう、細々としたものは同シリーズのクラッチバッグやポーチに入れて、すっきり収納しているそう。

■必携のパスポートやマスクはお気に入りのケースに入れて

石坂紀子さんのバッグの中身

ロエベのカードケース 「中には名刺も入っていて、小さなバッグの時はこれだけ持って出かけます」

クロエの長財布 「風水的にピンクが良いとお聞きして約2年前に購入しました。パーソナライズできたのも購入のポイントで、イニシャルのNをつけてもらいました」

ピエール・アーディのパスポートケース 「ヨーロッパでは身分証明書がマストなので、お気に入りのケースに入れて持ち歩いています」

マスクケース 「仕事でよく訪れるマダガスカルで購入したオールハンド刺繍のポーチ。ハンドメイドされたものやクラフトが好きで、手作業ならではのプレシャス感、一点ものの魅力に取り憑かれています」

■ガジェットケース類はブルーで統一してすっきりと

石坂紀子さんのバッグの中身

・iPad 「デザイン画を描いたり考えを書き留めたり、サンプルチェックしてコメントを写真に書き込んだりとフル活用。便利な世の中になりました」

ソニーのヘッドフォン 「ノイズキャンセリング機能もあり、飛行機などでも活躍しています」

サングラス 「欧米の高級ブランドは顔に合わず結局使わなくなってしまうので、『GENTLE MONSTER』という韓国のブランドを愛用しています。値段もそこまで高くないし、鼻が高くない東洋人にぴったり。ブルーの専用ケースもお気に入り」

■こだわりのビューティグッズはラフィアのクラッチバッグに

石坂紀子さんのバッグの中身 ポーチ

FOREST ESSENTIALSの日焼け止め 「朝にちゃんと日焼け止めをつけて出かけないので、あ、まずい!と思うタイミングにつけています。ココナッツウォーター、ターメリック、バジルを配合。スーッと伸びて保湿してくれるし、日焼け止め特有のベタつきや、ケミカルな感じがしないので気に入っています」

イソップのハンドクリーム 「ハンドクリームをたくさん試して辿り着きました。手荒れがひどいので、これがないと生きていけないくらい好きです。保湿効果も優れているうえ香りにも癒されるので、毎日何回もつけています」

アロエヴェラのサニタイザー 「保湿効果が高い優れものです。アルコール消毒で手が荒れてしまうので、インドのホテルでいただいたこちらを愛用中」

ミントやキャンディ 「外出先で気分を変えたい時に活躍するので、常に何か持ち歩いています」

TRESSのシュシュ 「友人のヘアスタイリストshucoのブランド『TRESS(トレス)』のシュシュは、シルク素材で髪が痛まず、大人でもつけられるデザイン。簡単に髪をまとめたい時に重宝しています」

DYPTIQUE の練り香水 「コンパクトで持ち歩きやすく便利。香水はいつも朝つけるのですが、夕方とかちょっと香りがあるといいなという時に付け足します。忙しい時も香りがあるともう少し頑張ろうと思えます」

・口紅 「パリのブランド『BOUCHE ROUGE』のもの。 レザーのケースはイニシャル入りで、中のレフィルを交換するためゴミが出ず環境に優しいんです」

・リップトリートメント 「これがあればどんなカサカサ唇も一晩で治る、魔法のようなアイテム」

■日本滞在中に見つけたシンプルなエコバッグ

THINKSのエコバッグ

「千葉県長生村のYAKUZEN古民家カフェ『fato.』と『THINKS』のコラボ バッグは、長短二つの持ち手がついていて機能的。シンプルなデザインと、社会貢献につながる福祉施設で作られているというコンセプトも気に入っています」

仕事柄旅が多く、世界各地からピックアップした素敵なアイテムがぎっしり詰まった石坂さんのバッグ。それぞれのアイテムにまつわるストーリーも素敵ですね。次回のおしゃれ達人は石坂さんからバトンを渡していただきますのでお楽しみに!

結城アンナ 連載

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 前編】「おもてなし感覚が楽しい!」見て、触れて、味わう、 新しいストア体験。Vol.5

Promotion

キーワード