初夏こそジャケットの出番です!NYスナップで発見した「こなれた」ジャケットの着こなし術。

マルリー フィンク

ジャケットは普段のコーディネートにプラスワンするだけでもおしゃれ度をグッと上げてくれるアイテム!ジャケットと聞くとフォーマルな印象を持っている方もいるかもしれませんが、実はカジュアルにも魅せることができます。

そこで今回はNYの街角スナップで発見したカジュアルかつリゾート感あふれる2人のコーディネートをお届けします!


●fashion 1

リラックス感あふれる『ラルフ ローレン』の紺ブレの着こなし


フランセスカ・カペリーニさん
Francesca Capellini
シューズ・デザイナー

フランセスカ カペリーニ
ラルフローレンのシューズ部門のデザインディレクター。

ポロのジャケットに「Zadig&Voltaire」のストライプパンツ、ミュールを合わせた爽やかなスタイル。パンツの丈をロールアップさせて、足首を出したテクニックは参考にしたい。

「インナーに無地のTシャツで、カチッとし過ぎないように」

\小物は黒で統一/ 

フランセスカ カペリーニ
「ミュウミュウ」のポシェットは小ぶりでこのコーディネートにピッタリ。
フランセスカ カペリーニ
「どこで買ったか忘れてしまったわ」というユニークなシューズ。
フランセスカ カペリーニ
ヴィンテージ物や自分でデザインした指輪。たくさんつけるのが好き。
/

●fashion 2

見た目涼しくリゾート感を取り入れた夏らしいジャケットスタイル


マルリー・フィンクさん
Marly Fink
La Mer勤務

マルリー フィンク
ダウンタウンの軽快さも漂う、通勤コーディネート。

ヴィンテージの白いジャケットとロングスカートで、都会のボヘミアンスタイル。「『マイケルコース』のボディスーツに、スカートをハイウエストにはいて。全体のバランスを意識しています。

\ヴィーガンレザーのサンダルが素敵/ 

マルリー フィンク
リゾート気分が高まる「テ ィビ」のレザーサンダル。

キーワード