パリのアパルトマンの暮らしを彩る器たち|島田順子さん パリのご自宅〜その2

島田順子_器

パリの自宅には、島田さんが直感で集めたものが多数。器コレクションも「好き!」の結集です。

島田順子さん パリのご自宅その1から続き、愛用の器たちを拝見します。
フランスの蚤の市や旅先のアンティークショップなど、値段やブランドにこだわらず、自分らしいセンスで集めた食器や花器の一部を拝見しました。

暮らしに花を欠かさない島田さん、この日はフリージアをふたつ並べたガラスの器に。茎は長いまま事前の美しさを生かして。様式にとらわれることなく、が島田さん流。

金の縁取りが素敵なピンクの大皿は、エジンバラのアンティークショップで一面に並べられていたもの。「買い占めたかったけれど重いので2個だけで我慢したの」

ブロカントで探したカットグラスの大きな器には、さくらんぼをたくさん持って。その器にまつわる旅の話へと、楽しく会話が弾みます。

エジンバラのアンティーク店で購入

ブロカントで探したカットグラス

/

写真 松永 学

キーワード