【結城アンナさんの連載Vol.1 】アートが教えてくれること/前編

結城アンナ 連載

おしゃれな着こなしや自然体のライフスタイルに注目が集まる結城アンナさんが、クウネルサロンで連載をスタート! 「この年齢になったからこそ思うんです。『人のために何かできることはないかしら』『がんばっている人を応援したい』『インスピレーションが湧くような事や人に出会いたい』」と、結城アンナさんは言います。この連載では、そんなドキドキワクワクするインスピレーションの扉を結城アンナさんと一緒にノックします! 

第1回は、結城アンナさんの感性の源でもあるアートへの思い・前編です。

結城アンナ 連載

まるで人生を記録するかのようなグランマ・モーゼスの作品が大好きです。

イラストも描くなどアートにも造詣の深い結城アンナさんが公式サポーターを務めているグランマ・モーゼス展が、世田谷美術館で開催されています。

皆さんは、グランマ・モーゼスをご存知ですか?

グランマモーゼス
<庭で絵を描くグランマ・モーゼス> 1946年 写真:Ifor Thomas © 2022, Grandma Moses Properties Co., NY

「グランマ・モーゼスはアメリカ人なら誰もが知る国民的画家。5人の子供を育てた農家の主婦にして、70代から本格的に絵を描き始め、101歳までの生涯で身近な自然や農場での暮らしを変わることなく描き続けました。

アメリカでは、クリスマスのカードやクッキー缶にグランマ・モーゼスの絵がデザインされていることがあって、私も子供の頃から慣れ親しんできました」と、大好きな人を思うかのようなキラキラした表情で、結城アンナさんは続けます。

「農村の風景をパノラマ的に描いた作品が多いのですが、キルトや石鹸作り、作物の収穫をはじめ、春には樹液からメープルシロップと砂糖を作るシュガリング・オフ。夏はピクニック。秋にはアップルバター作り、といった季節の行事や村のお祝いごとなどが生き生きと描かれていて、村ぐるみで一生懸命仕事をして、仲間と一緒に遊んで、支え合って生きている。そんな彼女の人生の記録のような絵が私は大好きです」

結城アンナ グランマモーゼス

結城アンナさんのグランマ・モーゼスへの思いはまだまだとまりません。後編では特に大好きな作品、そしてアートの力をお話いただきますのでお楽しみに!


グランマ・モーゼス展の詳細は下記記事でもご紹介しています。
【結城アンナさんが公式サポーターに!】「グランマ・モーゼス展ー素敵な100年人生」が開催中@世田谷美術館2022/2/27まで
作品の魅力を紹介した動画も公式サイトより配信中。

写真/目黒智子、取材・文/矢沢美香、編集/河田実紀

結城アンナ インスピレーションの扉

【結城アンナさん BALMUDA The Store Aoyamaへ! 後編】キッチンカウンターでは試食・試飲も! プロダクトの性能や使い勝手を体験できる。Vol.6

Promotion

キーワード