こんなときこそおいしい常備食を。『パタゴニア』のサバのオリーブオイル漬けは缶詰のレベルにあらず。

パタゴニア缶詰

昨今の情勢の影響で、常備食への関心が一層高まっています。『パタゴニア』から新発売されたサバのオリーブオイル漬けは、これまでのサバ缶の概念を覆すほどのおいしさ、と評判です。

老舗アウトドアメーカーである『パタゴニア』の食品事業を担う『パタゴニア プロビジョンズ』は、2020年3月末にサバ缶「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」を発売しました。

一般的なサバ漁で使用されるのは網。しかし、本品で使用されているスペイン・サントーニャ沖のサバは、釣り針と赤い糸を使う伝統的な漁法で捕獲されているので、個体を痛めることなく高品質な状態で捕獲することができます。
このため「サントーニャ・サバ・オリーブオイル漬」のサバは、しっかりとした肉感とうまみを持ち、ガーリックやパプリカ、ケイパーなどの豊かな風味も食欲をそそります。

尚、サバは高い栄養価でも知られています。たんぱく質(19~21g)、ビタミンB12、ビタミンE、ナイアシン、セレンの優れた供給源で、1缶当たり500mgのオメガ3脂肪酸を含みます。

そのままでももちろん、パスタやサラダなど、幅広く使える便利なサバ缶は、買い置きの定番になりそうです。

キーワード