「元ミス日本」という輝かしい経歴の素敵なマダム。伊藤千桃さんのおもてなしに感激。

伊藤千桃さん

クウネル5月号にて取材した伊藤千桃さん。神奈川県・葉山でケータリングや民泊サービスを行っています。打ち合わせの時も、取材時も手作りのランチでおもてなしをしてくださいました。

『桃花源』という屋号でケータリングや民泊などを行っている伊藤千桃さんを取材しました。いまから40年以上前、第五回目の「ミス日本」グランプリ受賞という、輝かしい経歴を持つ素敵な女性で、神奈川県・葉山の山の上にある一軒家で自然に囲まれて暮らしています。

打ち合わせで伺う約束をしたところ「ごちそうはありませんが、我が家でお昼を食べながら打ち合わせしましょう」との素敵なお誘いが。そうして用意してくださっていたのが本当においしく豊かな食卓でした。近隣の漁港で買ってきたといういわしの自家製パテ、野菜たっぷりのポトフ、デザートのプリンまで! 

/

なんと、慌ただしい撮影の日にも用意してくださり、自家製フォカッチャとポテトのパイなどをスタッフ一同ごちそうになりました。

伊藤千桃さん

取材を通して印象的だったのは、「お金はあるにはあった方がいいけれど、無ければ無いで〝なんとかなるようにしよう〞と頭を使って、工夫をするようになり、それが面白い」というフレーズ。その「工夫」から、庭や家の周りにある自然の恵みを存分に生かした暮らしを営んでいらっしゃいます。そんな伊藤千桃さん流・暮らしの知恵について、ぜひ本誌をご覧になってください。

千桃さんに教えていただいた、金柑のシロップ煮レシピの記事もご覧ください!

より詳しくご覧になりたい方は著書『千桃流・暮らしの知恵』(主婦の友社)を!

/

キーワード