おうちごはん充実化計画!北海道のローカル野菜がぎゅうぎゅうに詰まった『野菜ボックス』をお取り寄せ。

えが八 野菜ボックス

今年の秋冬も、全国的に「ステイホーム」が続きそうですね。家にいながらにして楽しめることは?というと、やはり食。外食派だった方も、すっかり家ごはんが定着しているのではないでしょうか?筆者もほぼ自炊の日々ですが、北海道から野菜の詰め合わせを取り寄せてみました。

レストランや食堂など、外での食事がままならないいま、家のごはんに変化をつけ、献立を充実させることが課題です。生活圏内で食材をまかなっているとどうしても、マンネリになってしまいますよね。そこで、野菜のお取り寄せをしてみました。

「“良いもの”を世の中に、世界に」をコンセプトに、米や野菜、果物といった北海道産の食材を販売している『えが八』の野菜ボックスです。

えが八 野菜ボックス
アイスプラント、ズッキーニ、なす、きゅうり、モロヘイヤ、ブロッコリー、とうもろこし、コリンキー、トマト、ピーマン、パプリカ、ブルーベリーなど、ここに乗りきらないくらいたっぷりの野菜たち。

詰め合わせ野菜の選定は、和食料理人歴30年、野菜の目利きの小岩靖志さんによるもの。小岩さんが厳選した、北海道の農家の方がこだわって作った、なかなか市場に出回らない地元野菜がたっぷり詰まったボックスです。

私が取り寄せたときは、夏野菜のシーズンまっさかり。普通のスーパーや青果店ではなかなかお目にかかれない白いとうもろこし「ピュアホワイト」や、生のまま皮ごと食べられるかぼちゃ「コリンキー」、黄色いズッキーニなど、めずらしい野菜もいろいろと。添付された調理メモを参考に、新しい料理にいろいろと挑戦してみました。とにかく一回の量がたっぷりあり、我が家の食卓が一気に豊かになりました。

オレンジ色のパプリカはオーブンでグリルしてトロトロにしてオリーブオイルでマリネ。

アイスプラントとトマトはサラダに。

ピュアホワイトは果物のように甘い!

黄色いズッキーニはオリーブオイルをかけて、オーブンで焼いて。

/

文/鈴木麻子