ボトムスをアップデートするだけで、一気に洗練。重信幸子さんの秋の装い計画

重信幸子さん

9月に入り、秋の風を感じる日や肌寒さを感じる日が増えてきました。けれど、まだまだ陽射しが強く、汗ばむ日も。〈クウネル・サロン〉プレミアムメンバーの重信幸子さんに、不安定な気候を乗り切りながら、秋の気分を取り入れた装いを教えてもらいました。

秋の装いの準備をはじめた重信さん。夏に引き続き、秋にも活躍しそうなのが、今年の夏に購入したばかりの『AK+1』の黒のスカート。

「ランダムなプリーツの入ったペーパークロス(ナイロン+ポリウレタン)素材で、空気を含んでふんわりと軽いこのスカート。丈が長いのに、重さがないので長時間着ても疲れません。オールシーズン使えそうなのでこの秋冬もしっかり活躍してくれそうです」と重信さん。

今回は、このスカートを活用した秋を感じる4コーディネートを紹介してくださりました。スカートをアップデートするだけで、カジュアルからエレガントまで幅広く楽しめそうです。

夏には、『YACCOMARICARD』の黒シルクのノースリーブブラウスと9連のビーズネックレスを合わせて。

ダークブラウンのシャツは、『MARGARET HOWELL』のもの。初秋の暑い時期に色だけでも秋気分を取り入れられます。同色のカーディガンをかかえて。

『A.P.C』のデニムジャケットに『ARTS&SCIENCE』の白シャツを合わせると、カジュアルさが出て若々しいイメージに。

『TAC:TAC』のカーキのワークジャケットを。裾をブラウジングするとミリタリー感のある色もキレイめに変身。

『Paul Harnden』のジャケットと『JUNYA WATANABE』のダークグリーンのブラウスを。ブラウスの大きな襟を遊ばせて少しアバンギャルドに。

/

ペーパークロスの程よい透け感とドライタッチな風合い、 歩くたび軽やかに揺れるフレアシルエットが、落ち葉のように秋を感じさせるスカート。ランダムタックがアシンメトリーのようにも見え、コーディネートに洗練感をプラスしてくれます。 ストレッチ性のある素材で着心地も抜群。

スカートに合わせたシャツやジャケットは数年前に購入したものばかりだそう。ボトムスをアップデートするだけで、クローゼットに眠っているトップスが今年も大活躍しそうですね。これならすぐに取り入れられそうです。

毎日、コーディネートをインスタグラムにアップしている重信さん(Instagram : @komu0441)。色の取り入れ方や、季節の変わり目の着こなしなど参考になるものばかり。ぜひチェックしてみてください。

●重信幸子さんのおしゃれサンプル
どんなシーンも一枚で様になるから。上質素材のシャツがおしゃれの主役です。
目指せ憧れのニューヨーカー! オンにもオフにも活躍する大人のスニーカー選び
軽やかなコートとスニーカーがあれば、エレガントにもカジュアルにも。重信幸子さんの寒暖差を快適に過ごすスタイル

キーワード