マイキーのお皿からライオンのオブジェまで!家中を大好きなリサ・ラーソンのグッズで彩る女性のお宅を訪ねました。

リサラーソン_グッズ

北欧を代表する陶芸作家、リサ・ラーソン。アイコン的存在になっている猫のマイキーやライオンなど、彼女が生み出すキャラクターや世界観は日本でも大人気ですが、その魅力にハマり、作品をコレクションしているひとりの女性がいると聞きました。お宅を訪ねてみると、部屋の至るところにリサ・ラーソン作品が溶け込み、日々の暮らしを彩っていました。

■コレクションのきっかけは雑誌の付録で見つけたマイキー。

神奈川県内の閑静な住宅地に建つマンションで、ご主人と小学生の娘さんと三人で暮らすYさん(40代・税理士)。Yさんが初めてリサラーソンに出合ったのは、数年前、書店でたまたま見かけた雑誌でした。

「胴が長くて、ちょっと意地悪そうな目付きの猫が、こちらをじっと見ていたんです。そう、お馴染みのマイキーです。雑誌の付録で、そのときはウォールステッカーになっていたんです。かわいいんだけど、かわいいだけじゃない、そのなんともいえないユーモラスな表情と佇まいに一瞬で心が奪われてしまって、家に帰ってすぐ、そのステッカーを窓ガラスに貼りました。それから、ハリネズミのイギーやライオン、猫のミンミなど、豊富なキャラクターが存在することを知り、どんどん深みにハマっていきました」

玄関を開けて最初に出迎えてくれたのはマイキーの大判マット。「裏には滑り止めもついていて、ふかふかの肌触りも魅力です」

リビングのソファには、マイキーの色違いのクッションを置いて。「寒い時季はこのソファに、マイキーのブランケットが加わります」

ダイニングチェアには、マイキーのチェアパッド。「丸型も持っていて、気分で使い分けています」

リサ・ラーソン×野田琺瑯のコラボで生まれたミルクパン。「このコンパクトさがちょうどいいんです。さっとお湯を沸したいときなんかにも、重宝しています」

マイキーのガラスの耐熱ティーポットとティーメイト。「それぞれ茶こしがセットされているので、茶葉で淹れる本格的なお茶がいただけますよ」

使用頻度の高いキャニスターやタンブラー。ポットは同様に、野田琺瑯とのコラボ作品。

北欧らしいボーダー模様が目印の猫のミンミを型取ったソルト&ペッパー入れ。「テーブルに置くだけで食卓が華やぎます」

マグカップ各種。「このあたりは家族全員がいちばん使う食器ですね。夫からは、もうこれ以上食器を増やさないでくれって言われています」

グラスやタンブラーもたくさん所有。「かわいいだけじゃなく、薄くて持ちやすいという機能美も備わっています」

換気扇に張り付くかわいいキッチンタイマー。

冷蔵庫の上には、収納ボックス「baquet」とコラボしたバスケットを設置。「軽量で柔らかく、掃除もしやすいバスケット。我が家では別売りの蓋をつけて食材をストックしています」

キッチン用のふきんやフェイスタオルにも、マイキー発見。「一番上のものはポルトガル製ですが、日本の今治とコラボしたものもあって、それはバスルームで愛用しています」

本棚にずらりと並んだミニチュアオブジェは、以前ガチャガチャで販売されていたものだそう。「これだけ揃えるの、ものすごく苦労しました……(笑)」

/

■使い勝手とかわいらしさが同居するリサ×波佐見焼。

リサ・ラーソンは、日用品やインテリアなど、幅広いジャンルのグッズが展開されています。 きっとみなさんも、一度はご覧になったことがありますよね。中でも、キッチン用品や器類、ステーショナリーなどはバリエーション豊かで、値段もお手頃。だから「いつも‟暮らしの傍ら”に置いて楽しむことができます」とYさん。
「ステイホームが当たり前になっている昨今ですが、ちょっと行き詰まったときや落ち込んだときに、リサ作品のとぼけた表情が目に入るだけで、元気になれます。とくに私の仕事は、朝から晩まで電卓を叩き、数字と睨めっこ。そんなとき、マイキーのポットでゆっくりお茶を淹れるだけで、良い気分転換になります」

最近のおすすめを尋ねると、Yさんが食器棚から出してくれたのは、柄違いのプレートと、深さのある小鉢の二種。
「リサと日本が誇る伝統工芸の職人がコラボレーションしたジャパンシリーズで、こちらは長崎県の磁器・波佐見焼で作られています。波佐見焼特有のつるっとした表面と、藍色で描かれたシンプルな絵柄が特徴で、和食・麺料理・フルーツまで料理を問わず、とにかく使いやすくておすすめです」

最近購入したという、波佐見焼シリーズのお皿と小鉢。「ばら売りだったんですが、使い勝手がいいので、結局、5柄全部コンプリートしてしまいました」

こちらも同様に波佐見焼シリーズで、蓋付きのマグカップ。

/

■高価なオブジェはアウトレットセールを狙うべし!

Yさんの日課は、リサ・ラーソンの公式ホームページと、直営ショップ『Tonkachi Store(トンカチストア)』のチェック。 ショップは今夏、代官山に「TONKACHI, 6⁠」としてリニューアルオープンしましたが、以前は、渋谷の神南エリアにあり、Yさんも足繁く通っていたのだとか。

「コロナ禍以前は、神南のショップ店頭で、年に一回程度アウトレットセールが開催されていました(ショップのメール会員に登録しておくと案内が届くシステムで、誰でも入場可能)。ライオンや陶器のオブジェなど、値の張るオブジェ類は、このセールで購入したものも多いですね。商品によっては半額程度までお安くなっているものもあって、すごくお得でした。それに、この日のために遠方から上京してくるリサ・ラーソンファンの方も大勢いらして、開店前に並んでいると、互いにリサ・ラーソンに魅せられた‟同士”ということで、自然に仲良くなれたり、情報公開できたりするんです。そういう出会いも、このセールならではのひそかな楽しみでした。残念ながら、最近は開催されていないようですが、オンラインショップのアウトレットも充実しているので、お目当てのものがある方は、そちらをマメにチェックしてみるのもいいかもしれませんね」

マイキーと並び、リサ・ラーソンを代表するキャラクターであるライオン。「サイズ違いで3体揃えています」

1990年代の作品「グスタフスベリボート」のオブジェは、スウェーデンの港に停泊している船をモチーフにデザインされたもの。

洗面台にさりげなく置かれていたのは、やはり波佐見焼シリーズの干支オブジェ。「毎年新たな動物が生み出されていくので、少しずつ集めていく楽しみがあります」

ジャパンシリーズのひとつ。全国一の創作こけし生産量を誇る群馬県の工房にて、リサの陶器と同じく、熟練の職人さんの手によってひとつひとつ丁寧に作られるこけし。「木独特の柔らかい風合いは、陶器作品とは異なるあたたかみがあって癒されます」

こちらもこけしで、「卯三郎こけし」の初代卯三郎さんの魂を受け継ぐ、お孫さんの岡本弘行さんが展開するブランド「kokechi」とのコラボレーションで誕生したもの。「5体それぞれに個性があって、見飽きません」

/

Yさんは、言います。
「まさか自分でもこれほどリサ・ワールドにのめり込むなんて、思ってもみませんでした。でも、誰も予想していなかったきっかけとタイミングで‟新たな生活様式”が始まったこの一年、好きなものに囲まれた生活は、かけた金額以上に、心の豊かさをもたらしてくれると実感しました」

●リサ・ラーソンや北欧好きさんにはこちらの記事もおすすめ!
〇世界中でここだけ!『イッタラ』のカフェ。『イッタラ表参道 ストア&カフェ』で北欧気分を満喫!
〇『UCC上島珈琲』から、今年もムーミンコラボが登場! 夏にぴったりなアイスコーヒーも。
〇ユーモラスな表情に釘付け!世界中を魅了する「リサ・ラーソン」のオブジェ

キーワード