ワンドリンク・ワンプレートのフルーツ摂取で健康に!「フルーツ食」がテーマの『FRUITS IN LIFE』。

みなさんフルーツ食べてますか?1日200g摂取が目標とされていますが、実は日本人は平均で96gしか食べていないのだとか。そんな課題をクリアできるお店があるんです!

1924年創業果の物専門店による「フルーツ食」をコンセプトにしたヴィーガンのフルーツジュースバー&デリ『FRUITS IN LIFE』。旬のフルーツを食べやすいスタイルかつお手頃な価格帯で美味しく楽しむことができます。コロナ禍で更なるセルフケアが求められる現代人の新たな食習慣として注目される「フルーツ食」を、ぜひお試しください。

飲んで食べる「フルーツ食」、ヴィーガンでもおいしく満腹に

『FRUITS IN LIFE』のメニューは、すべて植物由来。スムージーやスロージュース(コールドプレスジュース)をはじめ、全粒粉100%のオリジナルフォカッチャを使用した「アボカドトースト」や、フルーツと野菜をライスペーパーでラップした 「サラダバトン」など、普段の食事として気軽にフルーツを取り入れることができます。

“スロージュース” 300ml 935円(税込)〜 各ジュースには、各左の量のフルーツと野菜がぎっしりと搾汁されており、定番メニューは6つ用意されています。

左の容器に入っている量の野菜、フルーツがまるごとジュースに。

再利用可能なオシャレボトルで各ジュースごとに違う、みずみずしく鮮やかな色も楽しめます!

“スムージーパフェ”アボカドバナナ 1,100円(税込) 旬のフルーツを使用したパフェを、ギルトフリーなカロリーで。様々なメニューを季節毎に楽しめます!

/

また、ランチメニューでは、フルーツ摂取目標量200gをワンプレートで摂取できる「フルフル200セット」がいただけます。 その他「フルーツジュレ」や、ギルトフリーな「スムージーパフェ」など、小腹が空いた際におすすめのメニューも。ビタミンと食物繊維たっぷりなアボカドバナナパフェは、200g以上のフルーツを使用し、438mlの大容量を低カロリーで実現。ダイエット中の方も気にせずフルーツ食を楽しめます!

さらにフルーツについてを知り尽くしたスタッフがそれぞれのニーズに合わせて熟度を見極め、毎朝丁寧に搾るスロージュース(コールドプレスジュース)、オーダーが入ってから目の前で作るスムージーはフルーツと野菜のみで作られており、効果的に素早くフルーツを摂れる全く新しい食べ方を提案してくれるので、初めての方でも気軽にフルーツ食を試すことができます。

『FRUITS IN LIFE』 第1号店となる東京ミッドタウン店。

『FRUITS IN LIFE』第1号店となる東京ミッドタウン店は、「フルーツの持つスイーツのようなイメージだけでなく、日常的にフルーツを食事としてとり入れてもらいたい」という想いから、気軽に毎日立ち寄れるような空間になっています。モルタルとタイルが基調となった店内は、親しみやすく清潔感のあるイメージに。さらにフルーツの持つ瑞々しさを表現した店内奥のウォールアートと、入り口のレトロなネオンサインがアクセントとなっていて、おしゃれな店内を背景にインスタ映え写真も撮影可能です!

『FRUITS IN LIFE』第1号店、東京ミッドタウン店の外観。

親しみやすく清潔感のあるモルタルとタイルを基調とした暖かい雰囲気の内観。

店内奥のおしゃれなウォールアートを背景に、ジュースやスイーツの写真を撮ってみるのも◎!

/

みずみずしい桃をまるごと楽しめる!注目の新商品情報。

『まるまる桃のスムージーパフェ』1,320円(税込) 自家製の豆花、フルーツマリネの上にほんのり麹が香る桃とバナナのスムージーが入ったギルトフリーなパフェです。みずみずしい桃をまるまる1個使用。豆乳ホイップとの相性も◎です。 使用しているフルーツの量:295g 販売期間:7月1日~8月31日 (予定)

キーワード