【大人のブランド案内5】~Plantation~進化し続けるオリジナル素材が魅力

2021年3月大人のブランド案内_プランテーション

好きな服、似合う服が明確になってきたクウネル世代。そんないま、しっくりくるのは、同世代のデザイナーがつくるブランド。最後にご紹介するのは、オリジナル素材の‟日常着”が大人の女性たちから絶大な人気を誇る『Plantation(プランテーション)』です。

着心地よく、リラックス感のなかにシャープさもあり……、そんな服を提案する『プランテーション』。1982年のスタート以来、快適な日常着をつくり続けています。
「ブランドの誇りは、オリジナル素材にあります。軽くて丈夫であったり、柔らかな肌触りだったり、細部にこだわり一から生地をつくっています」とは、デザイナーのサトウエミコさん。

軽くてお手入れが楽な合皮のスニーカーは雨でも活躍。フリーロックというダイヤル式で、甲のゆとりを調節。スニーカー¥21,000

スポーツメーカー『デサント』と共同開発したバッグは、雨に強く、驚きの軽さわずか180g。メッセンジャーバッグ¥24,000

カーディガンを脱ぐと、ノースリーブワンピースに。ソフトレーヨン素材がしなやかな雰囲気で、合わせる小物で改まった席にも。ワンピース¥47,000

/

デリケートな肌に優しく、雨にも強い、とにかく軽量、洗濯がしやすいなど、天然素材をベースに進化した新素材だからこそ。たとえば、今回、サトウさんが着用しているコートは、デニムの産地で有名な岡山で特別に織られた素材。凹凸が布全体に陰影をつくり、身体にやさしく沿い、着たときにメリハリをつくっています。
「リラックスできつつも、きりっとスマートに見えるようにデザインを考えています」

2021年3月大人のブランド案内_プランテーション
BIZENシリーズのWAVEと いう素材。波打つような凹凸が、体型をさりげなくカバーしてくれる。コート¥52,000、ワンピース¥41,000、パンツ¥33,000、スニーカー¥21,000
2021年3月大人のブランド案内_プランテーション
裁断の段階で、余りが出ないようにパターンをとった「0ウェイスト」シリーズ。とろみのある素材は、顔周りを明るくしてくれる。プルオーバー¥18,000

『ku:nel』2021年3月号掲載

写真 鈴木静華/ 取材・文 鈴木麻子

●今すぐ真似したい!おしゃれコーディネート事例はほかにも
おしゃれ上級者・寺本美樹さんのセルフヴィンテージ。1993年の『コム デ ギャルソン』がかっこいい。
結城アンナさんのおしゃれに欠かせない小物使い、7つの約束。
パリマダムの着こなし。シルバーヘアにして、明るい色のファッションが似合うようになりました。

キーワード