【大人のブランド案内3】~Petit Tailor R-60~毎日着る服こそ、気分よくいられるものを

2021年3月大人のブランド案内_R60

好きな服、似合う服が明確になってきたクウネル世代。そんないま、しっくりくるのは、同世代のデザイナーがつくるブランド。個性溢れる刺繍作品が人気の神津はづきさんもまた、そんなブランドを展開しているおひとりです。

2021年3月大人のブランド案内_R60
「きれいな色が気分」という春の一押しはピスタチオグリーンのコットン製。アームストールを羽織って。お出かけ着としても。ワンピース¥38,000、ストール¥8,000、そのほか本人私物

50代で刺繍作家として活動を始めた神津はづきさん。その傍らで、数年前に小さなブランド『Petit Tailor R-60』も立ち上げました。友人の女優・萬田久子さんの「家でリラックスしつつ、気分よく過ごせる服が欲しい」というリクエストがきっかけです。
「家着なんて誰に見せるわけでもないし、着古したスウェットでもいいかもしれない。でも少しいいワンピースを着ていたら、気分が上がりますよね」

スマホ、眼鏡、カード、鍵など最低限の持ち物を、ポケットのように持ち運べる仕切りたっぷりのつかいやすいバッグ¥8,500

手前はスウェット素材¥2 9,000、奥はフリース素材 ¥36,000。どちらも軽く て着心地最高。中に暖かいものを重ねて一年中。

/

それから、裁縫上手な友人と試行錯誤を繰り返し、ブランドの顔のワンピースを完成させました。深いVネックが顔まわりをすっきり見せ、着る人に寄り添うすとんとしたシルエット。長さや太さで好みが分かれる袖は潔くナシに。コットンやウールフリースなど上質なものを季節ごとに厳選します。
毎日着る服こそよいものを。目指すのは、日常を輝かせてくれる大人のためのデイリーウェアです。

2021年3月大人のブランド案内_R60
一枚でサラリと着てサマになる、ストレッチのきいたブラウス¥24,600。パンツはスタイルアップして見える自信作¥28,000

『ku:nel』2021年3月号掲載

写真 鈴木静華/ 取材・文 鈴木麻子

●今すぐ真似したい!おしゃれコーディネート事例はほかにも
伊藤千桃さんが着こなします!『pas de calais』のナチュラルカラーの春の服。
シルバーヘアのショートヘアが素敵。パリマダムの『エルメス』スカーフの巻き方。
長年眠っていた『エルメス』のスカーフを今こそ投入。大人のデニムカジュアル。

キーワード