【大人のブランド案内1】~QUICO~自分らしいスタイルの、土台となるような服を

2021年3月大人のブランド案内_QUICO

好きな服、似合う服が明確になってきたクウネル世代。そんないま、しっくりくるのは、同世代のデザイナーがつくるブランド。最初にご紹介するのは、国内外から集めたハンドクラフトを扱うセレクトショップ『QUICO(キコ)』です。

美しい雑貨や家具とともに、QUICOで人気が高いのがオリジナルウェア。オーナーの山本弘美さんが「自分が着たいもの」を厳選して展開しています。
こだわっているのは素材感。インドで手紡ぎ・手織りでつくられるカディコットンや、シルク、リネンなどの天然素材は着心地抜群です。カディコットンは、手織りならではの画一的ではない布地の表情が魅力だと、山本さん。

20213月大人のブランド案内_QUICO
ストライプが爽やかなチュニック。大きく開いたVネックが、全体をシャープに引き締め、首周りをきれいに見せてくれる。チュニッ ク¥30,000、パンツ¥28,000、そのほか本人私物

「秋冬は暖かい素材を重ねながら、シーズンレスで楽しんでいただきたいです。トレンドにとらわれず、自分らしい装いのベースになるようなアイテムづくりをと心がけています」

イグサで編まれたしっかりしたつくりのオリジナルかごバッグ。夏の装いの仕上げに。バスケット(大)¥7,200、(小)¥6,500

どんなコーディネートも、女性らしく仕立ててくれる。ヌバック、合皮など素材違いも。ワンストラップシューズ¥12,000

シルクのパンツは着心地抜群。ワンピースの下などに重ねても素敵。ピンタックパンツ¥33,000、ストラップシューズ¥12,000

甘くなり過ぎないかわいさのレースが素敵なコットンパンツ。スカートやワンピースの下からのぞかせて。レースパンツ¥27,000

/

ゆったりとしたサイズ感で、どんな体型の方にも似合う柔らかなデザイン。上質な素材で丁寧につくられたシンプルな服は、着る人の個性を引き立ててくれます。そしてそのときどきのスタイルに寄り添い、「おばあちゃんになっても着られる」ような、長いお付き合いができる懐の深さがあるのです。

20213月大人のブランド案内_QUICO
すっきりとした縦長Iラインのワンピース。合わせるトップスで表情が変化。タックや脇のボタンがアクセント。ワンピース¥32,000
20213月大人のブランド案内_QUICO
ゆったりとしたボリューム感ながら、裾がすぼまっているのでカジュアルになり過ぎず、さまざまな着こなしに。パンツ¥30,000

『ku:nel』2021年3月号掲載

写真 鈴木静華/ 取材・文 鈴木麻子

●今すぐ真似したい!おしゃれコーディネート事例はほかにも
引き続き流行のフリルブラウスは、辛口ジャケットと合わせて大人の着こなし。
春がやって来た!心もぽかぽかしてくる、寺本美樹さんの今日のコーディネート
結城アンナさん流おしゃれ哲学。とにかく自分が好きな服を気持ちよく着ること。

キーワード