結城アンナさん流おしゃれ哲学。とにかく自分が好きな服を気持ちよく着ること。

結城アンナ

長く愛されているベーシックでシンプルなアイテムを、巧みな小物使いでスタイリッシュに変化させるおしゃれのテクニックはさすが!大切にしていることは「自由に、自信を持って服を着ること」なのだとか。そんな結城さん流おしゃれの極意を私服と私物で紹介します。

おしゃれもホリスティックに。

結城アンナ
「45R」のホワイトジーンズに、メンズライクな「ドクターマーチン」のウィングチップブーツを合わせて。「intoca.」のニットの襟元は「manipuri」のアニマルスカーフとアンティークのネックレスでエレガントさをプラス。センスを磨くコツを聞くと、いろいろな人のおしゃれを参考にしているという結城さん。「かっこいい人のスタイリングを見ても、どこがいいのかわかりにくい。だから、『ここが惜しいな』って思うと ころを見て、自分も気をつけたりヒントをもらっています。ファッションは色、バランスなどトータルで考えることが大事。全身が映る大きな鏡が絶対に必要!」

さりげないなかに、キラっとセンスが光るコーディネートが、クウネル世代の憧れの的の結城アンナさん。どうしたら、そんな風に生き生きとおしゃれを楽しめるのでしょう?と伺うと……。とにかく、自分が好きな服を着ることが大事だといいます。
「今やファッションは何でもアリの自由な時代なので、ポイントは自信を持って着ること。堂々としているとかっこよく見えるし、年齢を重ねて個性やキャラクターも生きてくるので、今まで買った服を全部着る!くらいの心意気で自分なりの流行を作っていくとおしゃれが楽しくなると思いますよ」

自分に合う「ジーンズ」を探す。

結城アンナ
ジーンズはどう着ても可愛いから大好き。体型が変わってくるので、ぴったり合うものをいつも探している感じ」。 左の「HideandSeek」のジーンズは夫の岩城滉一さんのものだそう。「こういうのを探していたらダディのクローゼットにあったから裾も切って私仕様に。ぶかぶかなのにベルトをしなくても落ちなくてすごく気に入っています」。中央のベイカーパンツは「ORCIVAL」、右のツイードデニムは「45R」。

気持ちのいいものしか着ない。

結城さんの服選びの基準はとてもシンプル。「もちろん流行は無視できないけど、自分が着たいもの、着てみて心地がいいものしか選びません。年齢を重ねて体を締め付けるようなタイトな服は買わなくなりました」

「ブローチ」のように、お気に入りは大切。

昔買ったブローチを今も大切に使っている結城さん。「パリの蚤の市で買ったものとか、10代の頃から引き出しにあったけど年齢を重ねた今だから似合うようになったものも。刺繍のブローチは3年くらいに見つけ、Tシャツにつけたりして楽しんでます」。ムーンとハートモチーフのブローチは叔母で女優・陶芸家の結城美栄子さんの手作りだそう。

●結城アンナさんのおしゃれについて、そのほかいろいろ
いつだってシンプルに心地よく。結城アンナさん流”マイスタイル”とは?
結城アンナさんのおしゃれに欠かせない小物使い、7つの約束。
~崩して”らしさ”を出す~
~デザインで遊ぶ~
~きれいな色を入れる~

『ku:nel』2021年3月号掲載

写真 加藤新作/ ヘア&メイク 森川丈二 gem /取材・文 矢沢美香/ 編集 河田実紀 Hata-Raku

キーワード