大人にもおすすめ。酒井駒子展&ぐりとぐら展が、立川『PLAY! MUSEUM』ではじまりました!

絵本作家・酒井駒子さんの原画を紹介する企画展示「みみをすますように 酒井駒子」展と、名作絵本『ぐりとぐら』の世界観を体感できる年間展示「ぐりとぐら しあわせの本」展が、4月10日(土)より立川のPLAY! MUSEUMでスタート。大人も楽しめる大注目の2展示、さっそく行ってきたのでその様子をレポートします!

『PLAY! MUSEUM』入り口

会場には至るところに、遊びゴコロがいっぱい。

/

◆「みみをすますように 酒井駒子」展

ミュージアム内に入ると、まずは絵本作家・酒井駒子さんの展示からスタート。『金曜日の砂糖ちゃん』や『よるくま』など、これまでに刊行された20冊以上の絵本の原画を中心にした、酒井さん初の個展になります。

子どもや動物、情景の繊細な描写と、絵と響き合う詩的な文章でたくさんの人を魅了してきた酒井さんの世界を堪能できます。

展覧会入り口。

人気作『金曜日の砂糖ちゃん』。

ジグザグな道がまるで森の中を歩いているよう。

木の温もりと酒井さんの作品が調和している。

酒井さんの著書たちも発見。

/

会場は、「ある日」「ひみつ」「こみち」「はらっぱ」など6つのエリアに分かれています。額やケースに収められた原画や文章の断片を、森の中を散歩しているかのように鑑賞できます。

空間デザインを手がけたのは、フランス出身で京都在住、建築家でありアーティストとしても活動する・2m26。主に杉材などの天然の素材を使って、酒井さんの絵と言葉をやさしく彩ります。

杉の木の香りが会場にふわり広がる。

まるで冒険しているかのような気分に。

1つの作品の前にイスがある。小休憩。

『よるくま』の展示方法もユニーク。

/

しゃがんだり、ちょっと背伸びしたり、ジグザグな道を進んだり、作品を座って鑑賞したり。身体を使って鑑賞していくうちに、まるで絵本の中に入っていくかのような展示方法が印象的でした。

そんな素敵な空間で、儚さの奥から力強さが滲み出る原画を見ることができて、とても豊かな時間でした。


◆「ぐりとぐら しあわせの本」展

酒井駒子展に続くのは、中川李枝子さんと山脇百合子さんによる名作絵本『ぐりとぐら』の展示へ。かわいい2人が出迎えてくれました。

小さな入り口の先には、何度もくり返し読んだ『ぐりとぐら』の素敵な世界が広がっていました。

展覧会入り口。大きな大きな絵本に気持ちが高ぶります。

可愛い2人を発見。

まるで絵本の中に入り込んだよう。

/

「訪れた人たちみんなが、ぐりとぐらになれる空間」をコンセプトに、大人も子供も関係なく、たくさんの仕掛けを楽しむことができます。

こちらの空間デザインを手がけたのは、青木貴之さん。元・スタジオジブリで、ジブリにまつわるさまざまな展覧会を担当していた方です。遊びゴコロがちりばめられていて、眺めているだけでも幸せな気分になります。

中を進んでいくと、あのパンケーキが♪

/

大人というのを忘れて、夢中に。可愛く楽しい空間で、夢のような時間を過ごすことができました。


そして最後はお楽しみのミュージアムショップへ。両展示ともに、展覧会のオリジナルグッズがずらり。あれこれ目移りしてしまい、なかなか決められません!

中でも展覧会を見た方だけが購入できる、ぐりとぐらの食器がすでに話題のようでした。予約販売で、6月以降順次届けられるそうです。

『ロミ・ユニ コンフィチュール』とのコラボした2種類のジャム。

ポストカードは、100種類。廃材を使ったポストカードスタンドも可愛い!

エコバッグは2サイズ展開。

『ぐりとぐら』のグッズにも胸キュン!

/

また、隣接するカフェでは、展覧会にまつわるさまざまなメニューを楽しめます。『ぐりとぐら』のパンケーキや『よるくま』のカレーなど、ぜひ立ち寄ってくださいね。

/

魅力たっぷりの『PLAY! MUSEUM』いかがでしたか? ぜひ今度のお休みに出掛けてみてください。

取材・文 阿部里歩

キーワード