まるでヴィンテージ。数年おいてから焙煎する京都・オオヤコーヒ焙煎所〝オールドコーヒー〟の魅力

工船

マガジンハウスの雑誌のコーヒー特集ではお馴染みの焙煎家・オオヤミノルさんのお店『FACTORY KAFE工船』。京都・河原町にあるこの自家焙煎コーヒー専門店に足を運んでみました。

工船

お店に伺った際、オオヤミノルさんご本人がお店にいらしたので、生豆をあえて数年おいてから焙煎する「オールドコーヒー」のお話も伺いました。 大切に保管され、何年かねかせてから深く焙煎されるオールドビーンズは、とても貴重なものですね。

壁一面に積み上げられたパックには〈2009 エチオピア〉や〈2005 コロンビア〉などと記された、味のある文字が。

工船

オオヤミノルさんが主宰する『オオヤコーヒ焙煎所』のコーヒー豆を味比べすべく、オールドコーヒーは2007年ものと、通常タイプはケニア産の浅煎りを購入。コーヒーを〝何年もの〟と呼ぶ感覚が魅力的ですよね。

工船

コーヒー豆はオンラインでも購入可能。おうち時間が長い今だからこそ、美味しいコーヒーとともにいい時間を過ごしたいですよね。ぜひホームページのオンライン販売サイトも覗いてみてください。

キーワード