ほくほくは幸せの素。うま味が際立つ、東京の今川焼き3種

今川焼き

餡子が入った熱々の和風スナックたちは、身体だけでなく気持ちも温かくしてくれる日本のソウルフード。ホクホク、ほかほかの出来立てを口に頬張る至福のひととき。毎日でも食べたい庶民の味の中から、一つ上の逸品揃いを紹介します。たい焼き編に続き今回は、「今川焼き」編です。

今川焼あずきや安堂

今川焼き
試行錯誤を何度も重ね誕生した、食べ飽きないおいしさ。
砂糖と水、塩だけで小豆の旨みを引き出した餡は、半年をかけ完成した自信作。冷めても美味しい生地も、小麦粉や卵の配合を独自に研究。ほかに白餡、うぐいす餡、クリームや期間限定の餡もあり。
今川焼 ¥140
【SHOP DATA】 東京都調布市布田1-36-10 / 042-455-1221 / 10:30~ 餡がなくなるまで / 無休

月島家

今川焼き
“江戸風味”をうたい、70年近くも愛され続ける地域の誇り。
老舗商店街に昭和26年から店を構える名店で生地にも餡子にも黒糖を使う点が個性。親子3代にわたって変わらず、毎朝、仕込みます。「寿」の焼印が小倉餡でほかにチーズやカスタードクリームも。
今川焼 ¥160
【SHOP DATA】 東京都港区麻布十番2-3-1 / 03-3452-0991 / 11:30~18:00 / 火曜ほか臨時休業あり

ボンベイバザー

今川焼き
素材を吟味した、オーガニックカフェの隠れた逸品。
カレーなども人気のカフェが作る今川焼き。オーガニック小麦を使ったふんわり柔らかい薄皮の中に、十勝産小豆の粒餡がみっしり。餡はもう1種、長野県産の有機ブルーベリーもあってモダン。
オクラ焼き ¥300
【SHOP DATA】東京都渋谷区猿楽町20-11 B1 / 03-3461-8512 / 11:30~18:00 / 火曜定休

TRIVIA

今川焼き、回転焼き、大判焼きの違いは?
実はどれも同じ。呼び方が違うだけで、全国的には大判焼きが多く、回転焼きは主に近畿や九州。首都圏が今川焼きで、これは一説によると江戸時代、神田・今川橋付近の屋台で誕生した餡子菓子が広まったためという。

キーワード