【松永加奈のフランス便り33】ラ・フランスがフランスには無いって本当?!日仏食材事情。

松永加奈 野菜

日本ではすっかりおなじみの甘くて香り高い洋梨ラ・フランスですが、意外にもフランスでは売っていないってご存知でした?フランスの名を冠しているのに!日本にあってフランスにないもの、そのまた逆のフランスにあって日本にないもの、他にもいろいろあるそうです。<クウネル・サロン>プレミアムメンバーの松永加奈さんにレポートしていただきます。

天候が不安定で暖かい日が増え、少しだけ春の気配がしてきました。マルシェにも春の食材がちらほら。農業大国フランスは、野菜や肉、乳製品などの種類が豊富です。ただ、日本で日常的に使っていた食材が見当たらず、季節が変わるたびに「ああ、日本の旬の味が恋しい…」と、ついポロリ。魚の種類が違うことは想定していましたが、よく使う野菜の種類にも食文化の違いを感じます。

「フランスにはない日本でおなじみの野菜」というと、在仏日本人の間でよく話題になるのが「さつまいも」。フランスには「Patate Douce」というさつまいもがありますが、固くて甘さがなく、水分多め。焼く、蒸すには不向きで、ピュレやスープに使います。そして和食に欠かせない「長芋」「里芋」「ごぼう」「れんこん」といった根菜類。ヨーロッパといえば「西洋ゴボウ」がありますが、こちらも味と香りは日本の「ごぼう」とは別物です。ハーブ類は多いのに、香味野菜の「大葉」「茗荷」「春菊」がないのも残念。これらは日系やアジア系スーパーへ行けば大体手に入りますが、フランス人にとっては「外国の野菜」の位置づけのようです。さらにフルーツですが、なんと洋梨「ラ・フランス」は、フランスには存在しません!その名の通りフランス原産、でも現在生産されているのは世界中で日本だけだそう。「ラ・フランス」なのに…。

なかなか出会えない長芋。中国人夫婦が営むマルシェのお店で見つけ、前のめりで購入しました。貴重な日本の食材は「出会ったら買う!」が鉄則。

一見、日本のさつまいもに見える「Patate Douce」。在仏日本人は「甘いおいも」を期待して焼き芋にトライした結果裏切られる…を大抵一度は経験。

和食メニューに重宝する「薄切り肉」や「挽き肉(豚・鶏)」は基本的にありません。こちらは「トマトのファルシー用」の香辛料入り豚挽き肉。挽きは太く粗め。

「梨」はいろいろありますが「ラ・フランス」は存在しません。同じ”西洋梨”で見た目は似ていても「ラ・フランス」の方がねっとりジューシーな印象。

/

一方「日本にはないフランスでおなじみの野菜」もいろいろとあります。私がこちらで初めて見たのは「パネ」。白い人参のような根菜で甘みがあり、少しねっとりした食感が特徴です。そろそろ出始めた「ホワイトアスパラ」はフランス人が大好きな食材。日本でも生産されていますが、あまり身近な存在ではないですよね。また、「アーティチョーク」「フヌイユ(ういきょう)」「セロリラブ(根セロリ)」「アンディーブ(チコリ)」はスーパーにいつでもスタンバイ。日本では生食のイメージがあるアンディーブ、こちらでは煮たり焼いたり炒めたり…の万能選手として活躍しています。

別名サトウニンジンと呼ばれる「パネ」。私はフランスへ来るまで知りませんでした。煮込み料理やポタージュなどで食べる機会がよくあります。

春~初夏にかけて店頭にずらりと並び、みんなが楽しみにしている「ホワイトアスパラガス」。土っぽい香りと甘い味わいに春を感じます。

独特な風貌のアーティチョーク。下処理は面倒なのに食べるところは少しだけ…という手間で調理したことはありません(お店でいただきます)。

フランス料理に欠かせない「セロリラブ(根セロリ)」。見た目はちょっと不気味ですが、セロリより香りが優しく繊細な味わいです。

/

パリ生活を始めた頃は、食材をビジュアルだけで判断し、「見たことある!」と喜び勇んで買ったものの、調理しながら「おや?」と眉間にシワを寄せることが多々ありました(今でもありますが…)。そんな体験の中で「食べてみたらおいしかった」という出会いがあるのも、外国暮らしの面白さかなと思います。日本食材がフランス料理に生まれ変わったり、その逆もしかり。野菜以外の食材も写真でご紹介していますので、未体験のものは「どんな味かな?」とぜひ想像しながらご覧ください。

短い期間しか出回らない青イチジク。未成熟のような色ですが、すごーーく甘いんだそう。毎回食べる機会を逃していているので、今年こそ!

和名通りあんずのような香りが特徴の茶色い「ジロール(アンズダケ)」。フランスではよく使われていますが、日本ではどうでしょう?

乳製品が豊富なフランスは牛乳だけでなく、羊乳や山羊乳製品も一般的。チーズはもちろん、ミルクやヨーグルトにもヒツジやヤギのマークが。

生クリームは日本より乳脂肪分が低いタイプが多く、料理には使いやすい反面、しっかりと泡立たないのでお菓子作りの際には使いにくく、工夫が必要。

/

【 松永加奈のフランス便り 】そのほかの食の記事
普段着のパリ。フランス生活に欠かせないマルシェの楽しみ~食材編
『ピカール』の冷凍食品を活用した日仏コラボ食卓。
お菓子の本場・フランスで愛される『とらや パリ店』が40周年!
日本で超定番のあのケーキが、お菓子の本場・フランスでは希少って本当?

キーワード