一年中桜もちが手に入る老舗和菓子店。東京・向島の老舗『長命寺桜もち 山本や』

桜餅

東京・向島の桜もちの老舗『長命寺桜もち 山本や』は、一年中桜もちを販売している老舗和菓子店です。

名物・桜もちは、塩漬けした桜の葉を3枚も使っているので、おもちに桜葉の香りがしっかりとしみ込んでいます。乾燥を防ぐ役割もあるとのことで、ご覧のように中のおもちが見えないくらい、しっかりと覆われています。

創業300年を越える『長命寺桜もち 山本や』は、江戸時代から変わらない伝統の味を守り続けています。桜もちは、山本やの創業者山本新六が享保二年(1717年)に土手の桜の葉を樽の中に塩漬けにして試みに桜もちというものを考案し、向島の名跡・長命寺の門前にて売り始めたというのが、始まり出そう。その頃より桜の名所だった隅田堤(墨堤通り)は花見時には多くの人々が集い桜もちが大いに喜ばれたのだそう。

桜の葉はとても香り高く、部屋中に香りの余韻が漂います。

おもちの中にはころんとしたこしあんがたっぷり入っています。品の良い甘さのこしあんです。

/

まだまだ寒い日が続きますが、春の訪れが待ち遠しいですね。ぜひ、お店に足を運んでみてください。

キーワード