【大人のまとめ髪研究2】頼れるターバンでおしゃれ感アップ。

大橋利枝子さん

ショートやボブが多い印象のクウネル世代ですが、長い髪に憧れているという方も大勢。アレンジの幅が広く、気分によっていろいろに変えられるのが魅力です。まとめ髪が素敵な方にお話を伺いました。華やかな雰囲気になり、伸びてきてしまった根元の白髪も隠せるターバン使いについて伺いました。

 

fruits of lifeデザイナー/大橋利枝子さん

おしゃれな雰囲気をプラスする、
ヘアースカーフを愛用中。

シンプルできれいな大人服ブランド『fruits of life』のデザインをしている大橋利枝子さん。黒くて豊かなロングヘアのまとめ髪が定番です。最近試作したのが、写真のシルクのヘアースカーフ。ネイビーや黒が好みの色。スカーフも髪の色になじみやすい黒で作ってみました。
「よく外国人のタレントさんがターバンを巻いているのを見ましたが、あれ、髪にボリュームが出るからなんですね。これを巻くときりっとした感じになるし、おしゃれ感が出ます」と大橋さん。

スカーフをした上に帽子をプラスしてもいい。ちょっと白髪も出てきて、大人の髪悩みも感じているのだとか。「玄米食や酵素風呂を取り入れて。髪にも健康でいることが大事って思います」

髪のエイジングも気になって、まとめ るときもゴムは使わず、ピンだけで。

雑貨店で売っているUピンで髪をまとめている。好きな着物を着るときは、耳を隠すようにしてエレガントに。

スタイリングの前にローズとネロリの香りの「スウィーツソーパー」のミストを使う。まとめやすくなるそう。

美容室で紹介されたシャンプー「余白」、トリートメント「余韻」。オーガニックで、しっとりした洗い上がりが好み。

/

Le pivot デザイナー/小林一美さん

ターバンやヘアアクセサリーで、
自分流に楽しんでいます。

小林一美さん
飾りつきのヘアゴムでまとめたヘアにターバンですっきりと。

あまり手をかけすぎない、自然な感じのヘアスタイルが好き。だから髪をまとめるときも、さらっと無造作に。そんなときに役に立つのが、飾りがついたヘアゴム。大ぶりのチャームがアクセントになってくれます。ターバンも雰囲気チェンジにお役立ち。
「直毛で、髪がぺたっとして、ボリュームが出ないのが悩み」という小林一美さん。美容師さんの助言で、白髪染めにベージュやブルーのハイライトをプラスして、髪色に奥行が出るようにしています。

「大人の髪にはツヤが必要ですよね」と、シャンプーやオイル選びにも気を配って。「ただお手入れしているだけでは続かないから、香りのいいものを選びます。好きな香りをつけるのは気持ちがいいです」

【大人のまとめ髪研究1 】 はこちら

髪を3パートに分けて、結んだ真ん中に左右をからませた簡単スタイル。

おおぶりのチャームがお気に入りのヘアアクセサリーが大人っぽい雰囲気を作ります。

ヘアーメイクの草場妙子さんが監修した「オサジ ヘアオイル」をスタイリング前に使う。香りに癒されるそう。

こちらも最近のお気に入り、「コキュウ メロウオイル」。ベルガモットの香りがよく、気持ちもいやされるとか。

/

キーワード