【2】フォトグラファー柳原久子さんの暮らしの整え方。我が庭の直送野菜で毎日がいきいき。

柳原久子さん 整える

本誌で活躍中のフォトグラファー柳原久子さん。自宅の屋上で多くの野菜を育て、都会にいながらにして土に近い暮らしをしています。我が家の庭で野菜やハーブを育てて、植物の命の循環を観察する。それを収穫、日々の料理に活用して、自然の実りを余すところなくいただく。そんな喜び、楽しみについて教えてもらいました。
【1】はこちら

自然の実りを、畑からキッチンへ。

柳原久子さん 整える
「今年は豆類が豊作。友達やご近所にお裾分けして、喜ばれています」。ご近所付き合いの潤滑油にも。

少しあるだけで、料理をぐっと豊かに本格的なテイストにしてくれるハーブが身近にあることの楽しさは格別。最近凝り始めたパン作り、ディルを練りこんだパン(1枚目)は、ちぎったときにふわっとディルが香ります。剪定して間引きしたハーブはキッチンに置いて料理に。パッと使えて便利です(2枚目)。
ミント、レモングラス、レモンバームなどを使ったハーブウォーターは、洗って水に入れて数時間で完成(3枚目)。見た目にも涼やかで、暑気を払ってくれます。

/

一年を通じてよく作る南インド風のスパイスカレー。仕上げにローズマリーと生の月桂樹の葉を加えて、風味づけします(1枚目)。売っている月桂樹、普通はドライですが、フレッシュなものは香りが高く、おすすめ。育てやすい木なので、1 本あると便利、と柳原さん。トマトはソバージュ栽培に向いた、横へ広がって育つイタリアの品種(2枚目)。ゴーヤのカーテンのように、日よけを兼ねて育てるそう。シンプルなサラダに添えたルッコラも庭の収穫物です。

/

キーワード