【小林麻美さん連載】私は本にどれだけ助けられてきただろう?

小林麻美さん 本

おしゃれミューズの小林麻美さんの人気連載。今回のテーマは本。過去から現在まで、それぞれの時代に影響を受けた本や好きな作家など、その一部を自身の人生と重ねながら、思い出していただきました。

Amazon で ワンクリック
朝頼めば 夕方にはポストに!
そこには 絶対に行ってはいけないと
自分に言い聞かせていたのに
絶版になった本を
Amazon で見つけて以来
つい ワンクリック
気がついたら 1ヶ月位本屋さんに行ってない私
だけど 新聞の広告だけを鵜呑みにして 届いた本は
思っていたのと全然違って 読まないままだったり
活字の本?だと思って頼んだら えー 写真集!?
やっぱり 本屋さんに行って
この目で見て買わなくちゃ!と 反省

考えてみたら
私は 本にどれだけ助けられて
今日まで生きてきたんだろう……
なんて ふと思った
恋に苦しんでいたとき
音楽と何冊かの本に どんなに助けられ
いろんなことを思い留まったことか……
なんで生きているのか 漠然とわからなくなって
悩んだ 若かったあの日
今でも バイブルのように大切にしている あの本
料理だって ネットの動画なんてなかったから
本を頼りにイマジネーションを酷使して
作った 作った!
子供に読み聞かせた ミッフィーやたくさんの絵本
DVDじゃ見えない 言葉と言葉の行間に添う色や囁き
言葉って素敵

小林麻美さん 本
小林麻美さん 本

子供の頃を思い出して
書いていて覚醒
えーっ 忘れちゃ駄目でしょ
『少女フレンド』『マーガレット』
里中満智子は本当に好きだった!
『鉄腕アトム』『鉄人 28号』
『おそ松くん』はーーー !?
楳図かずおの『へび少女』は
眠れなくなるくらい怖かった
へび女に追いかけられて
やっと逃げ帰ってドアを閉めたら
けけっ と後ろにへび女が ーーー !
また 意地悪なお姉さんに
「これでもかー」って いじめられる
わたなべまさこの『ガラスの城』など
書いたら止まらないくらい
小中学生時代は 漫画に
そう 私の原点は漫画かもしれない
貸本屋さんがあった あの時代
少ない情報から必死にイメージした
やっぱり 本は楽しい

小林麻美さん 本

→その2に続く

キーワード