デザイナー大橋利枝子さんがご近所・青山で選ぶお酒にも合うお菓子

APOCバナナブレッド

洗練と一流がひしめき合う青山にアトリエを構える大橋利枝子さん。おやつも手土産も買うのはもっぱらご近所の青山界隈。差し上げる方の顔や好みを思い浮かべ、最適の「おいしい」を選びます。

たったひとりでブランド『fruits of life(フルーツ オブ ライフ)』を立ち上げてもうすぐ2年。スタイリストをしていたころとは違う仕事に向き合う日々です。

変わったことといえば、人にお菓子を差し上げる機会もめっきり増えました。服作りをお願いするファクトリー、取り扱ってくれるセレクトショップなどなど……。「お世話になります」という気持ちを込めて、お気に入りのお菓子を差し上げています。

アン グランは料理家の友人に教えてもらいました。ひとつまみサイズがテーマのお店で、生菓子も焼き菓子も佇まいが美しく何を食べてもおいしい。上質なものを少しだけ食べたいという大人の方に差し上げるのにはぴったりです。スパークリングワインと合わせて食べるのもおすすめ」。

アポックは長年、親しくしている大川雅子さんの店。「黄金配合」レシピのパンケーキもおいしいのですが、店先に並ぶ焼き菓子も絶品。「バナナブレッドを見つけたら(常時あるわけではない)ラッキー。親しい友人へのおすそわけ、自分へのおやつ用にと買い置くのです」

UN GRAIN(アングラン)の焼き菓子詰め合わせ

アングランの焼き菓子6種を箱に詰めて

APOC(アポック)のバナナブレッド

/

キーワード