【広瀬裕子さん、57歳からのシルバーヘア計画4】大人の髪で大切なのは「色」と「つや」

シルバーヘアの広瀬裕子

エッセイストの広瀬裕子さんは57歳になり、ヘアカラーをやめ、シルバーヘアにしてみようと思ったそう。その過程をクウネル・サロンで寄稿してくださいます。今回は以前は途中で心が折れていたけれど…に続き、第四回目。

50代になり、髪も肌も落ち着いてきて

歳を重ねると「髪の3大変化」を経験する。ひとつは、髪の色が変わること。ふたつめが、ボリュームがなくなること。3つめが、つやが減ること。だと感じている。

年々、髪が乾燥するようになり、それと共につやがなくなってきた。髪の色も重要だけれども、もしかすると「色」より「つや」なのかもしれない、と思うことがある。40代までは、髪も肌もつやがあった。でも、いまは、──いい言い方をすれば──髪も肌も落ち着いている。

シルバーヘアの広瀬裕子

サロンにトリートメントをしていただくために出向いた。自宅で髪を洗う時は、シャンプーのあとにトリートメントをするようにしている。でも、サロンのトリートメントは、自分でするそれとは明らかにちがう。サロンでしていただくと、つやとさらさらがしばらくの間つづくのだ。

シャンプー台に横たわりながら、トリートメントの花の香りにつつまれると、呼吸が深くなっていく。知らず知らずの間に肩に力がはいり、日々、過ごしていることに気づく。

「つや」と「やわらかさ」で気持ちが上向きに

50代後半になるにつれ「やわらかなもの」が似合うようになった。これは、発見だ。髪をワンカールするとシルバーヘア移行中も、伸ばしかけのヘアスタイルも、なんとなくいい感じになるのは、やわらかさが加わるからだと思っている。やわらかさは、つやを感じさせてくれ、つやは、やわらかさを連れてきてくれる。ふたつが揃うといつもより気持ちが上向く。

髪を結ぶ楽しさむ加わり

トリートメントをしてつやが増した髪を、担当の方がひとつに結んでくださった。「伸びた」と言ってもまだまだ短い。けれど、つやとワンカールで、結んだヘアスタイルもいい。

シルバーヘアの広瀬裕子
シルバーヘアの広瀬裕子
シルバーヘアの広瀬裕子
/

マイナスされていく年齢は、自分らしいプラスを見つけていくようにする。つやとやわらかさをプラスすると、いままでにない「わたし」と出会えるかもしれない──。

後編/【広瀬裕子さん、57歳からのシルバーヘア計画5】サロンでスカーフアレンジを教わりましたに続きます。

ヘアカット/撮影 薫森正義 Rougy  

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード