【2022年マイベストブック】作家・甘糟りり子さんが同志に背中を押される本

書籍『僕の狂ったフェミ彼女』

本に囲まれて暮らす読書好きな方々が、今年刊行された書籍の中で最も心に響いたおすすめの1冊をピックアップ。それぞれの作品の魅力を語っていただきました。今の時代を写しとった文芸作品から、生き方や想いに共感した本、学びのための本まで。新たな出合いのきっかけに、ぜひ手にとってみてください。

戦う姿が、背中を押してくれる。

書籍『僕の狂ったフェミ彼女』
僕の狂ったフェミ彼女』 ミン・ジヒョン 訳/加藤 慧
愛も権利も譲れない2人の戦争のような恋愛を描く。韓国でドラマ化・映画化が決定。1,760円(イースト・プレス)

フェミニズム運動をする女性とその恋人の物語。韓国の小説です。主人公スンジュンが泣く泣く別れた元恋人と再会すると、彼女は「メガル(フェミニストを揶揄的に呼ぶ言葉)」に。スンジュンには理解できず、しばしば衝突します。私も若い頃、男性から無自覚に女性差別的な発言や行動をされて悔しかったことが何回もあります。いつも仕方がないとあきらめていた。しかし、主人公が好きになった女性は違います。はっきりと間違いを指摘し、自分の立場が悪くなろうと差別と戦い続けます。

私もこうしたかった、いやすべきだった。お互いを理解しようと、きちんと向き合っている彼らがうらやましい。私や私たちの世代の女性があきらめてしまったために女性の立場はなかなか向上しません。この後悔の気持ちを忘れずにいたいし、これからの自分の作品の原動力にしたいです。

『クウネル』2023年1月号掲載

写真/玉井俊行、取材・文/𠮷川明子、編集/矢沢美香

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード