【中野翠のおすすめシネマ】『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』

『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』

コラムニストの中野 翠さんがおすすめ映画を語る本連載。今回は、ロンドン発のストリート・ファッションを生み出した 伝説のデザイナーをめぐる必見のドキュメンタリーです。

’60〜’70年代のロンドン、その空気感にわくわく

『クウネル』読者だったら必見の映画です。何しろ’60年代後半から’70年代前半にかけての、いわゆる〝スウィンギング・ロンドン〟が時代背景になっているドキュメンタリー映画なのだから。

その時代、ビートルズを筆頭に、ロンドンは若者文化のメッカのようになっていた。ファッションの世界でも同様で、個性を重視したストリート・ファッションが若者たちの間で好まれるようになっていた。

そこに注目したのが、若き日のマリー・クワントと、その夫。ロンドン初の〝ブティック〟を開き、大人ではなく若者たちにターゲットをしぼって、 ミニスカートを売り出して、大ヒット!

マリー・クワント自身がミニスカートを着用、「こういうカッコよさもあるのよね」と示してみせたのも勝因か。

『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』
1955年にロンドンで始めたブティックから自由で開放的なファッションを生み出した。ファッショニスタとしても知られる女優が監督を。

いやはやなんとも。ミニスカート全盛時代は、ちょうど私が二十代に入った頃で、スカート丈は一気に十センチくらい短くなった。

今にして思えば、 「よくまあ、ぶかっこうな脚を平気でさらけ出せたものだ……」と恥ずかしいやら、懐かしいやら。そうそう……ミニスカートの流行によって、パンテ ィ・ストッキングも出回るようになったのよね……。

この映画にも当時の〝ミニの女王〟ツィッギーの出演場面あり。当時、ツィッギーは来日して、いくつかのCM にも出演していたのよね。

映画『ボーイフレンド』(’71年)をわくわくして観たのも懐かしく思い出される。まさにファッショナブルな、 おとぎ話っぽい物語。監督は、何かとお騒がせのケン・ラッセル(もちろんイギリス人)。

そうそう……この映画公開に合わせて、渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで『マリー・クワント展』が開催される。これも必見ですね。11月26日から1月29日まで。

文・イラスト/中野 翠 再編集/久保田千晴

おしゃれと快適さを両立。『KEEN』から20周年記念モデルが誕生

Promotion

キーワード