Promotion

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

白髪染めを続けるか、シルバーヘアにシフトするか迷う人も多い中、髪色のおしゃれを楽しむ大人が急増中。クウネル・サロンプレミアムメンバーの美木ちがやさんもそのひとり。自然体でセンスよく見える素敵な髪色の作り方を取材しました。

白髪と黒髪とブロンドがナチュラルにブレンドされたようなカラーリングが印象的な美木さん。これまで一度も白髪染めをしたことがないといいます。

「白髪が増えてきたのがむしろ嬉しいくらい。髪が暗いとコントラストがつきすぎて、顔のシワも目立つ感じがして……。髪は明るくぼかしたほうが肌もきれいに見えて元気な印象に」

髪は顔よりも面積が大きく、印象を決めてしまうパーツ。年齢を重ねるほど髪色の選択はとても大切だといいます。そんな美木さんの素敵な髪色の秘密を知るべく、『kakimoto arms 青山店』へ。白髪が出始めた6年ほど前から、3カ月に一度の頻度で通っています。

美木ちがやさんとスタイリストの百瀬 優さんと兒玉朋華さんが並んで微笑んでいる
カットはスタイリストの(右)百瀬 優さん(@momoseyu_kakimotoarms)、カラーは(左)兒玉朋華さん(@tomokalor)が担当。「お2人とも勉強熱心で専門知識豊富なスペシャリスト。若い人のトレンドや客観的な意見を聞くと新しい自分が発見できる」と美木さん。

どの角度から見ても美しい、技ありハイライトは感動もの!

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

「白髪も地毛も染めず、全体が自然になじむようにハイライトで細かくつないでいます。美木さんは黄みのある色が似合うので、グレイッシュな色にベージュをミックス。ヘアアレンジを楽しむときもきれいに色がつながるよう、計算して色を入れています」と担当カラーリストの兒玉朋華さん。極細のハイライトは驚くほど均一な仕上がりで、色選びのセンスもまさにジャストな好み、と美木さんも太鼓判。

「こんなふうに白髪を生かした髪色にできることに感動しています。カラーしたてのときも満足、そしてそのあとも満足が続く。3カ月経っても根元が気になるようなストレスがないし、褪色していく変化も楽しめるんです。カラー後のヘアケアも、やはりプロの手が入ると全然違う!髪が蘇ります。洋服でも気持ちが変わるのと同じように、髪色ひとつで気分が上がるもの。季節やそのときの自分のマインドを大事にしながら、これからも髪色のおしゃれを楽しみたいですね」

\アレンジも映える!/

■Arrange1

美木ちがやさんのヘアアレンジを後ろから撮影
フェミニンな編み込みスタイルも、髪色が重なり合って立体感のある表情に。ハイトーン部分が浮くことなく、程よいアクセントにも。

■Arrange2

美木ちがやさんのヘアアレンジを横から撮影
毛先を遊ばせたラフなお団子ヘアも決まる! 根元が伸びてきても自然になじむ絶妙なカラーリングで、アップスタイルも思いのまま。

■POINT

美木ちがやさんのヘアアレンジを上から撮影
白髪が集中しているトップの部分につながるように、白髪が少ない顔まわりはブリーチ。3ミリ幅の極細のハイライトを全体に入れ、白、黒、グレイベージュをいい塩梅にミックスして自然なグラデーションに。ハイライトを入れる部分はランダムではなく、毎回同じところに正確に入れていくのが『kakimoto arms』ならではのテクニック。根元から毛先まで均一な仕上がりになり、髪への負担や伸びてきたときのストレスも軽減できる。

『クウネル』2023年1月号掲載

写真/玉井俊行、構成・文/矢沢美香
※洋服、アクセサリーはすべて美木ちがやさんの私物です。

キーワード