【住まいの履歴】フロアごとに雰囲気が変化。コンパクトさを生かした一軒家

30年以上、暮らしてきた家は、最愛の夫と二匹の犬と過ごした大事な家。 時を経ても色褪せないのは、愛情をもって暮らしているからかもしれません。

エントランスを入ってすぐの1階部分に広がる螺旋階段
エントランスを入ってすぐの1階部分。床のレンガはフランスの古城の石を敷き詰めたものだそう。自然素材の家具やアートがよいアクセントになっている 。

エントランスを入ってガラスの扉を開くと、そこには、茶色のレンガを敷き詰めた床にコンクリート打ちっぱなしの壁、正面にはらせん階段があり、その奥にはバスルームが。その雰囲気は、さながら外国のホテルのようです。

「敷地は16坪、建物に限ってはわずか8坪の家なんです」。そういって笑う坂本光里さん。30年前に建築家の前田光一さんによって設計された一軒家は、 敷地面積のコンパクトさを有効に使うため、半地下を設けた三階建てになっています。

「半地下は寝室とウォークインクロー ゼット、1階はエントランスとバスル ーム、2階はキッチンとリビングダイニングになっています。それぞれ雰囲気が違うようにと考えられていて。もともと夫が前田さんと仕事関係で知り合い、ぜひ家を建ててほしいとお願いをして、この家ができたんです」

東京生まれの坂本さん。広告関連の仕事をしていた夫と結婚後、都内に中古マンションを買ってフルリフォームをしたのだそう。

「インテリアコーディネーターの友人と一緒に内装を決めていったのがとても楽しかったですね。 そのころから、家を作り上げる過程が面白いと思っていました。その後は、この家を建てる資金集めのために、そのマンションを貸して賃貸暮らしも経験して」

半地下の寝室のベッド
半地下の寝室。写真には写っ ていないが、船をイメージして丸い窓が設置されている。
白を基調としたキッチン
光が差し込んで気持ちいいキ ッチン。白を基調としてすっきりとした空間に。
片側が窓一面のリビングダイニング
片側が窓一面のリビングダイニング。このソファが坂本さんの編み物の作業場でもある。
/

無事に家が建ってからは二匹のミニチュアシュナウザーも一緒に暮らし、あちこち旅行に行ったり、犬にまつわる本を出版したりと、忙しくも充実した日々だったといいます。

「夫が他界して犬も続けて亡くなってしまい、いまはひとり暮らしです。年を重ねるにつれ、階段の上り下りが厳しくなってきて……。マンションに住み替えようかな?と思ったこともありましたが、やっぱりこの家が好きで、 踏ん切りがつかないでいます。でも、いつかは中古マンションを買って、またフルリフォームするのが夢なんです。自分なりの快適さを求めていけたらいいなと思いますね」

『クウネル』2022年9月号掲載

写真/近藤沙菜 、取材・文/結城 歩

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード