「お赤飯はお祝い事のときだけ」なんて誰が決めたの?

月川敦子 赤飯

「お赤飯が大好物」という月川敦子さん。特にイベントごとじゃないときでも、お赤飯を炊いて食卓を盛り上げています。

「私、お豆が大好きなんです。大豆でも、いんげん豆でもなんでも。サラダに入れたり、甘辛く煮てお酒のおつまみにしたり、とにかくお豆はよく食べるかも」。

そんな、豆好きさんがこよなく愛するのがお赤飯。人が集まるときのごはんはもちろん、普段の献立にも登場。月一くらいの頻度でつくっているそう。

「圧力鍋ならほんの15分程度でできて、炊き込みご飯なんかよりずっと簡単。なのに、食卓が華やかになって、おかずがちょっと少ないかな?なんていうときでも、ごまかせちゃうんです」。

愛用する圧力鍋はフィスラー製。何度も部品交換しつつ、かれこれ20年ほど使っています。

ごはんを炊いたり、煮込みをしたり長きにわたり台所で活躍。

キーワード