トートバッグやドロップまで!おしゃれランドリー『フレディ レック』から、10周年記念のコラボアイテムが続々登場。

フレディレック10周年6

ベルリンからやってきたおしゃれランドリー『FREDDY LECK sein WASCHSALON(フレディ レック・ウォッシュサロン)』が日本上陸10周年を迎えました!

『フレディ レック・ウォッシュサロン』は、ベルリンと東京に実在するカフェ&コインランドリーです。
オーナーであるフレディ レックは、演劇を若い頃に勉強し、自分を何かで表現したいということと、「洗濯」というキレイにする行為を行うコインランドリーこそ、おしゃれで清潔であるべきと考え、このウォッシュサロンを立ち上げました。

店内は、高級な洗濯機など機材を充実させる一方、内装はどこか懐かしくアソビココロがあるものに仕上げています。
「前向きなココロとライフスタイルがつくれるようなモノ・コトをランドリーシーンから」。それこそが、彼のモットーであり、追い続けている夢なのです。

今回『フレディ レック・ウォッシュサロン』10周年を記念して、ジャンルを超えたコラボレーション洗濯グッズが賑やかに揃いました!
アイコンカラーのブルーを取り入れた「L.L.ビーン」のトートバッグやフレディ レックと同じ街にあるセレクトショップ「ミルヴァレー」のランドリーバッグ。さらには、アメリカの洗剤ブランド「オキシクリーン」や、懐かしい「サクラドロップス」(!)とのコラボまで。なんとも個性豊かなラインアップです。
ランドリーバスケットやピンチ、ペグバッグなどの定番グッズも一式揃えたくなりますね。

現在、公式サイトでは、アーカイブしていた2010年デビュー当時のアイテムを公開するなど、10周年にふさわしいスペシャルコンテンツを展開中です。こちらもぜひ覗いてみてください。

/

キーワード