金髪をあえて赤毛にした素敵なパリマダムに、カラーキープするためのケアを聞きました。

201907フランス流エスプリ_79_3

柔らかな赤毛がよくお似合いのパスカル・ダンブルネさん。聞けば、自分らしさを追求して、金髪をあえて赤毛に染めているのだといいます。

「地毛はブロンドなんです」と、パスカルさん。以前はロングだった時もあるそうですが、現在はショートヘアに定着。6週間ごとにヘアサロンでカラーとカットをして、スタイルを維持しているといいます。

201907フランス流エスプリ_79_1

「肌が白いので、学生の頃から金髪より赤毛が似合うと感じ、以来ずっと染めています。今は白髪もあるので、この色が定番です。普段から色落ち防止対策をして、伸びてしまった根本には部分カラーリングでケアしています」

パスカルさんのもうひとつの悩みは、髪の細さ。根本からボリュームを与えてくれるトリー トメントがマストです。
デイリーケアには泡が立たず髪に優しい、ロレアルのローシャンプーを使います。クリストフロバンのクレイは、ボリュームを出すためにスタイリングに使用。

さらに、髪色にこだわりがあるだけに、カラーキープのためのケアもマストです。生えてきた根本にはロレアルのスプレーとクリストフロバンのジェルで対応しているといいます。

/

キーワード