【スズキエミさん・季節を味わう手仕事レシピvol.2】まだ間に合う!旬のなごりのいちごでつくる、春ならではのマリネとドリンク。

スズキエミ 季節を味わう手仕事レシピ うどといちごのマリネ

味噌作りや梅仕事など、季節の手仕事に定評のある料理家のスズキエミさん。2022年3月に著書『季節を味わう手仕事レシピ』(主婦の友社)を上梓されました。

季節を追いかけるように手仕事を楽しんでいるというスズキエミさん。作ってすぐに食べられるものもあれば、時間をおくことで出来上がるものや、よりおいしくなるものも。

著書には86ものレシピが収められていますが、その一部をご紹介。シリーズの最後には、スズキエミさんの特別インタビューも。どうぞお楽しみに。

春だけのお楽しみ、「うど×いちご」を組み合わせて

冬から春へ。新しい季節のはじまりをみずみずしく彩るのが豊富な柑橘類と真っ赤ないちご。
包丁を入れるたびに甘ずっぱい香りがはじけるように広がり、春がきた幸福感に包まれます。


うどといちごのマリネ


材料(作りやすい分量)
うどの茎(下処理したもの*)…1本分
A 米酢…大さじ1
  塩…ひとつまみ
  砂糖…小さじ1/2
  米油…大さじ1
*うどの下処理については 【スズキエミさん・季節を味わう手仕事レシピvol.1】期間限定、春から初夏の味。うどの皮のきんぴら。

●作り方
1)うどの茎は薄い輪切りに、いちごは4mm厚さの輪切りにする。
2)A をよくまぜ、うどといちごを加え、さっくりとあえて10分おく。

スズキエミ 季節を味わう手仕事レシピ うどといちごのマリネ
みずみずしい味わいのうどの茎は旬の果物と合わせ、目にも美しいマリネに。柑橘類ともよく合う。

いちごの香りが抜群にきわ立つビネガー。


いちごのビネガー


●材料(作りやすい分量)
いちご … 400g
氷砂糖 … 420g
米酢 … 320ml

●作り方
1)びんに入れる
いちごはへたをとり、清潔な保存びんに入れ、氷砂糖、米酢を順に加える。1 日1回はびんを振って全体をなじませる。砂糖がとけたら飲みごろ。1カ月ほどで実はとり出す。

保存期間:常温で3カ月

スズキエミ 季節を味わう手仕事レシピ いちごのビネガー手順1
いちごのきれいな色を活かすため、精製度の高い氷砂糖を使用。保存瓶にいちごと氷砂糖を交互に入れる。
スズキエミ 季節を味わう手仕事レシピ いちごのビネガー手順1
米酢を注ぎ入れる。氷砂糖が溶けるのに1か月ほどと時間はかかるが、果実のエキスがゆっくり出て透明感のある仕上がりになる。
スズキエミ 季節を味わう手仕事レシピ いちごのビネガー完成
炭酸で割って飲むほか、塩と油を加えてドレッシングにしても。実はバニラアイスに混ぜるとおいしい。
/

※本記事は『季節を味わう手仕事レシピ』(主婦の友社)からの抜粋です。

\絶賛発売中 /

撮影/野口祐一 再構成/結城 歩

美木ちがやさんがブルーの洋服を身に纏って微笑んでいる

大人の髪色、どうする?美木ちがやさんが感動する『kakimoto arms』の技ありハイライト

Promotion

キーワード